地域のトピックス

ちょうどいい清水暮らし

清水区ってどんな所?清水市は、2003年4月に旧静岡市と合併して、「清水区」になりました。サッカーが盛んで清水エスパルスの本拠地であります。清水エスパルス!Jリーグオリジナル10の一つで唯一事業団ではないチームで選ばれました😆
国民的アニメ「ちびまるこちゃん」の舞台になっています✨

清水区では、どんな生活ができるのかな?
この冊子には、3名の移住者さんの話が載っています。皆さまそれぞれ自分の考える、自分が主体である生き方を清水区で見つけて生活をされています。移住をお考えの皆さまにはもちろん、このコロナ禍で今の生活環境を見直している方、この冊子がヒントを与えてくれるかもしれません。

清水区
東海道の宿場町があり、風情ある街並みが残っています。また冷凍マグロのの水揚げ量が日本一であり、日本三大美港の一つでもあります。外国客船が富士山を背にして入港してくる堂々たる姿。ミカン畑があったり、日々の生活に富士山が溶け込んでいます。
その一方で、静岡有数の文教地区があったり。

あなたがより豊かになる生活が清水区にあるかもしれません。清水区を熟知した市役所職員のアテンドで「まち歩き」が出来ます。
お申込みは、こちら静岡市移住支援センターもしくは直接清水区役所地域総務課地域振興係まで。
今年度はコロナで中止になっていますが、サクラサク4月からは再開の予定です。是非お申込みください。

静岡市移住支援センター 移住アドバイザー

田邉・稲葉

プロフィール

田邉:兵庫県神戸市出身。大学卒業まで神戸市で過ごし、その後転勤等で東西を転々として静岡市では7年ほど暮らす。県庁勤務・銀行勤務・市役所勤務等を経て、2020年4月より「静岡移住支援センター」にて相談員を務める。

稲葉:福岡県北九州市に生まれ、家族の転勤に伴い、全国の都市や地方に住み、子供のIターン就農をきっかけに地方移住に興味を持つ。義両親の出身地である静岡市の先祖代々の墓所からの美しい駿河湾の眺めに魅せられ、縁あって静岡市移住相談員に。

相談員から一言

田邉:歴史も、美しく雄大な自然も、おいしい海の幸山の幸も、レジャーもショッピングも、街や山間地や海の暮らしも、都市機能も揃っているのは政令都市ならではの贅沢な魅力。あれもこれも市内の「普通の暮らし」の中で手に入る、それが静岡市!皆様のご希望に添えるカードをたくさん用意してお待ちしておりますので、どうぞお気兼ねなくお声がけください。

稲葉:首都圏に近く、海と山に囲まれた政令指定都市である静岡市。JR東海道線沿線を中心とした「おまち」は坂道が少なく交通機関も豊富で便利な都市部。一方「オクシズ」は南アルプスまで続く自然豊かな環境でありながら市街地までも遠くない。そんなコンパクトな静岡市の最大の魅力は、何と言っても人の温かさ。こんな暮らしがしたいというご相談はもちろん、どんな暮らしがしたいのか、まだ明確に決まっていない方のお話もじっくりとお聞きします!