地域のトピックス

飯能エコツアーで、飯能市を体験しよう①

(写真:トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園-埼玉県移住相談員2018年撮影)

都心から1時間以内でアクセスできる利便性と山や川などの自然環境に恵まれた飯能市。“農のある暮らし”飯能住まい制度移住支援金制度など、移住を後押しする施策もあることから、都市近郊への移住希望者から注目されています。

しかし、支援制度は新生活をスムーズに始めるためのサポートのひとつにすぎません。
移住前にしっかりと地域を下見をして、冷静に判断することが悔いのない移住につながります。
あてもなく現地を車で通るだけでは移住後の暮らしはイメージしづらいので、可能であれば、移住前に地域を訪ねて、地域の人との交流や体験を通して、肌感覚で「合う」「合わない」を確かめたいところです。
飯能市では、地域の自然や文化を、地域の人が地域の言葉でご案内する「飯能エコツアー」がさかんに開催されています。農業体験から歴史的建造物の探訪、火おこしなどのアウトドア体験まで、多様なプログラムが勢ぞろい。
数時間~半日程度で開催されるプログラムが多いですが、今回ご紹介するのは、春と夏の計2回にわたって開催される農業体験。山と湖が美しい名栗エリアで、ジャガイモの植え付けから収穫までを体験します(植え付けと収穫の両方ご参加いただける方を募集しています)。国際興業バスを使ってのご参加、大歓迎です!

名栗でジャガイモ作り~植え付けと収穫・ジャガイモ農業体験~」全2回

【日時】
・1回目(植え付け):2021年3月21日(日)10:00~14:00
種イモを準備するところから畑の畝作り(さく切り)、植え付けをします。
作業終了後は、名栗湖を見ながらお昼。地場食材を使った名栗ならではの料理をいただきます。

・2回目(収穫):2021年6月下旬~7月上旬予定

【場所】埼玉県飯能市名栗地域
【費用】体験料(2回分)1組(5名まで)12,000円。別途、各回ごとに食事代1人1,200円(小学生以下600円)
【定員】8組

※注意
・2021年2月現在、緊急事態措置実施期間中(~年3月7日)に開催されるエコツアーは、県外からのご参加を受け付けておりません。
・新型コロナウイルス感染症拡大状況により、ツアーが中止になる場合がございます。飯能エコツアー実施のガイドライン及び更新情報並びに申し込み方法等の詳細については、飯能市エコツーリズム推進協議会ホームページをご確認ください。

「住むなら埼玉」移住サポートセンター 移住相談員

佐野

プロフィール

埼玉県春日部市出身。都内の大学を卒業するまで埼玉県で過ごす。法人向けアパレルメーカーの営業・人事、人材紹介会社のキャリアアドバイザー経験を経て埼玉県移住相談員になる。

相談員から一言

埼玉県に移住、と言われてピンとこない方もいると思いますが、「そんなことはない」と声を大にして言いたいです!
「仕事は変えずに田舎暮らしがしたい」「おだやかな天候の地域に住みたい」「自分で育てた野菜を子どもに食べさせたい」・・挙げたらキリがないくらい、埼玉県には、色々な”叶えたい暮らし”を実現できるステップが用意されています。移住すべきかどうか?というところから考えるお手伝いをします。お気軽にお越しください。