地域のトピックス

滋賀の農林業の魅力を紹介~ふるさと観光大使 西川貴教さんによるPR動画公開~

滋賀ふるさと観光大使といえば西川貴教さん。滋賀県農林漁業担い手育成基金は西川さんによる滋賀の農林漁業の魅力を紹介した動画を作成し、2月9日(火)に県の公式YouTubeチャンネルで公開しました。→こちらです。

コロナ禍にともない社会や暮らしが変化する中で、田園回帰の志向が強まるとともに、私たちの食を支える農業や漁業の大切さが再認識されています。そこで、県内在住の方はもちろん、U・Iターンを考える多くの皆さんに滋賀の農林漁業で働く仲間に加わっていただけるよう、その魅力を伝えるPR動画を作成しました。

★★西川大使の出演について★★
西川大使は、イナズマロック フェスの開催を通じて、農業高校生との交流や、琵琶湖の保全活動の応援に取り組まれています。今般のコロナ禍においても、近江牛などの販売支援を通じて、滋賀の農林漁業を応援いただいています。今回のPR動画でも、より多くの皆さんに観ていただき、滋賀の農林漁業の魅力を届けたいとの気持ちで出演いただきました。

★動画の概要
動画では、農業、林業、漁業の各分野で活躍する3組の皆さんにインタビューし、仕事の魅力や大変さ、これから農林漁業を仕事にしたいと考えている人へのメッセージなどをお話しいただいています。皆さんの仕事場である滋賀の山や琵琶湖をドローンで撮影した美しい映像も見どころの一つです。また、動画の最初と最後には、西川大使に滋賀の農林漁業への想いや、動画を観てくださった皆さんへのメッセージをお話しいただいています。

ーインタビューにご協力いただいた皆さんー
◆農業:はたしょうfarm 中嶋彩さん、小笹弘樹さん
愛荘町(あいしょうちょう)

◆林業:高島市森林組合桂田孝太さん
高島市森林組合
高島で暮らそう

◆漁業:堅田漁協横江拓郎さん、今井良平さん
「滋賀のおいしいコレクション」に今井さんの記事が掲載されています。
セタシジミ
セタシジミは琵琶湖だけに生息する固有種で、琵琶湖の浅瀬から水深10数mにかけて
生息しています。
殻が厚く、身にコクがあり、「寒シジミ」と呼ばれる冬季には、身が肥え、
最もおいしくなります。今では貴重なモノです。

(公財)滋賀県農林漁業担い手育成基金
〒520-0807 滋賀県大津市松本1-2-20
滋賀県農業教育情報センター2階
TEL:077-523-5505(直通)
E-mail:shiganou@sepia.ocn.ne.jp
HP:https://shiganou.work
滋賀県で農林漁業への就業を希望される方や、すでに就業されている方々に対し、様々な支援を行っています。
専門の相談員による就農相談
滋賀県内の農林漁業法人への職業斡旋
体験事業やバスツアーなど

写真提供:(公社)びわこビジターズビューロー  浮御堂(大津市)

しがIJU相談センター 移住相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。