地域のトピックス

充実のテレワーク環境!東松山市創業支援センター共同事務室

東松山市は、池袋からは東武東上線で約55分、TJライナーで45分。関越自動車・東松山ICが通り、埼玉県のほぼ中央に位置しています。
市内にはショッピングモールや商店が賑わう市街地あり、閑静な住宅街あり、産業団地あり、清流を楽しめるアウトドアスポットあり、田園風景の広がるエリアあり。働き方や自然との距離感を自分なりのバランスで選べるところが、東松山市の暮らしの魅力です。都市部通勤者から新規就農者、新たに事業をはじめる方まで、色々な方が東松山市に移住しています。

そんな東松山市では、2021年4月1日より、新しい働き方に対する支援が強化されます。
創業や経営に関する相談・助言を行う東松山市創業支援センターの共同事務室(コワーキングスペース)を、テレワークの方もご利用いただけることになりました!
お勤め先のテレワーク導入を機に、首都圏近郊の自然豊かな地域へ移住をお考えの方にとって、安心して業務に集中できる環境の有無は重要なことですよね。移住先の検討の際は、住環境と同時に自宅以外のテレワーク環境の選択肢が整っているかどうかも、しっかりチェックしたいところです。詳細は、東松山市ホームページをご確認ください。

▼東松山市への移住に関する情報はこちら
東松山市移住定住サイト
・移住相談員の視察レポート「埼玉移住のポテンシャル① ~古民家×こだわり農産物×ニュータウン 東松山市~

「住むなら埼玉」移住サポートセンター 移住相談員

鎌田

プロフィール

埼玉県さいたま市出身。県立高校を卒業後、大学も2年次まで埼玉のキャンパスに通う。新卒で、子供の頃から馴染みのある地元の文具・事務機を扱う商社へ。その後も県内の学校法人や介護関連の職場、国立研究開発法人での勤務を経て、2021年8月より「ふるさと回帰支援センター」内の「住むなら埼玉」移住サポートセンターで相談員をつとめる。

相談員から一言

コロナ禍で毎日の通勤が必ずしも必要でなくなった今、都会の刺激と自然の豊かさの両方を体験できる埼玉暮らしに憧れて都内から移住する方が増えています。移住だけでなく、市民農園等を借りてプチ農業を始めたり、都市と田舎を行き来する二地域居住など幅広いライフスタイルも選択できます。
魅力あふれる埼玉に興味のある方はぜひお気軽に「住むなら埼玉」移住サポートセンターをお訪ねください。生粋の「埼玉っ子」が、まち・人・暮らしの魅力をご案内します!