地域のトピックス

【那珂川市】地域おこし協力隊(地域活性化・まちづくり)募集中!

福岡県那珂川市では、地域おこし協力隊を募集してます。

那珂川市は、福岡県の西部にあって大都市福岡市の都心部からわずか13キロメートルのところに
位置しています。
東部は春日市、大野城市、筑紫野市と、南部は佐賀県、北部・西部は福岡市に接し、
南部は三方を背振連山に囲まれ、ここに源を発する那珂川が市の中央を南北に貫流し
博多湾に注いでいます。
恵まれた自然環境や福岡市の都心部から至近の距離にあること等から人口は増加していき、
町誕生から62年後の平成30年(2018年)10月1日に筑紫郡那珂川町は、那珂川市となりました。

今回募集するの協力隊員の活動の場所は、そんな魅力いっぱいの那珂川市の
「南畑(みなみはた)」地区となります。

◎私たちのミッション
地域と一緒になって、「住みたくなる南畑」、「住みよい南畑」を目指すこと!

「南畑」は、福岡市に隣接する那珂川市の南部にある地域。
福岡市中心部から車で30分ほどの距離にありながら、市街地の喧騒から隔離された、
のどかな里山です。

南畑のことを知っていただきたくて、こんな本をつくりました。
まずはこちらを読んでみてください。
南畑の本2

南畑には、自然豊かな環境に惹かれ、多くの芸術家が工房を構えています。南畑みらい協議会が主催するイベント「南畑美術散歩」では、南畑の工房を一斉解放。市内外から約3,000人が訪れる市の一大イベントとなっています。
※令和2年度には初のweb開催をしています!
「南畑美術散歩」のFacebookはこちら

地域の過疎化が進む中、「このままではいかん。なんとかしたい」という思いから、2013年、区長を中心とする地元有志が「南畑地域活性化協議会」を立ち上げました。現在は、南畑の魅力に惹かれて移住してきた人や南畑を愛する若いメンバーも加入し、南畑の魅力を発信するための取組や地域の課題解決のための活動しています。
昨今、南畑はいろんなメディアで紹介され、少しずつ知られるようになりました。
今回は、この協議会と一緒になって、地域を盛り上げ、その魅力を発掘し、広く発信していく仲間を募集します。
行政職員や地元住民にない新しい視点、自由な発想で、南畑の魅力を発信していただくことを期待しています。自分の興味があること、得意分野を活かせる仕事です。

自分の知識やスキルを活かしたい方、ライフスタイルを変えたい方、ご応募をお待ちしています。

★那珂川市の地域おこし協力隊のしごとについて
地域おこし協力隊員には、行政職員や地元住民にない新しい視点、自由な発想で、
南畑の魅力を発信していただきたいと思っています。

自分の興味があること、得意分野を活かせる仕事です。
また、「田舎暮らし」をいつかしてみたい、でも生活のことを考えるとちょっと・・・と
踏み出せない都会の方には、南畑はちょうどいい田舎です。

山や川に囲まれた豊かな自然のなかで心安らぐ暮らしを営みながらも、
ちょっと車を走らせれば大都市です。
自分の知識やスキルを活かしたい方、ライフスタイルを変えたい方、
ご応募をお待ちしています。

那珂川市や地域おこし協力隊に興味がある方はぜひ、下記の募集詳細ページをご覧下さい。
那珂川市HP 地域おこし協力隊募集について

「南畑」での活動の様子は、下記のサイトでもご覧いただけます。
SUMITSUKE那珂川

ふくおかよかとこ移住相談センター東京窓口 移住コーディネーター

中原

プロフィール

福岡県福岡市出身。大学進学を機会に福岡を離れ、長野、大阪、東京に住む。約30年ぶりに福岡へUターン。6年後、再び上京。2019年6月より「ふるさと回帰支援センター」内の「ふくおかよかとこ移住相談センター」にて移住コーディネーターをつとめる。

相談員から一言

福岡へUターンして、都会と田舎と両方経験しました。都会では都心へ歩いていけるところに住み、コンパクトなまちの便利を満喫。田舎では庭に果樹も生えている戸建に住み、たんぼも畑もリノベーションも小屋づくりも、ほとんど経験しました。
あなたの「こうしたい」を実現させるところが、福岡にはたくさんあります。興味のある方はお気軽に「ふくおかよかとこ移住相談センター」にお越しください。