地域のトピックス

春を届けて ~第70回長浜盆梅展~

東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ

今日は、雪の舞うような寒い一日となりました。
まだ春は遠いところにと感じてしまいますが、ひと足先に梅の便りと
長浜市で毎年開催されている盆梅展をご案内します。
昭和27年から始まり、歴史・規模ともに日本一の新春の催事「長浜盆梅展」。今では、湖国の早春を彩る風物詩となっています。各地で新型コロナ緊急事態宣言もだされていることもあり、今はちょっと行きづらいという方も、3月10日まで開催しておりますので是非、落ち着いたら、お越しください。
      第70回長浜盆梅展 【期間】 2021年1月9日(土)~3月10日(水)

 盆梅とは文字どおり梅の盆栽ですが、長浜盆梅展では2メートル以上の巨木や樹齢400年を超す古木など他所では見られない銘木を展示しています。
明治時代に建てられた慶雲館のお座敷に、ずらりと並んだ盆梅は見ごたえたっぷり。館内には梅の香りが広がり、ご来場いただいた皆様の心を癒してくれることでしょう。約300鉢の中から開花時期に応じて入替を行っているので、常に見頃の盆梅を約90鉢を見ることができます。

期間限定で幻想的な夜のライトアップも。
会場となる慶雲館は、明治天皇昭憲皇太后の行幸啓のために建てられた長浜の迎賓館で、初代総理大臣の伊藤博文の命名です。国の名勝に指定される広大な池泉回遊式庭園も見どころです。

                             写真提供:photo by Kawase

                      写真提供:(公社)びわこビジターズビューロー

滋賀県長浜市の豊かな移住・田舎暮らし支援サイト

しがIJU相談センター 相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。