地域のトピックス

丹波市で「地域づくり支援員」を募集!

丹波市で「地域づくり支援員」の募集が始まっています。
募集人員は3人程度となっています。関心のある方、いかがでしょうか。

丹波市では、6つの旧町域の 25 地区において住民主体の地域づくり組織である自治協議会が立ち上がっており、各地域の実情に応じた特色ある地域づくりを展開しています。現在、人口減少や少子高齢化による影響で従来通りの地域運営が難しくなっているなか、自治協議会の原点でもある「地域の誰もが楽しく地域づくりに関わることができ、一人ひとりが主役となって活躍できる地域づくり」の大切さを改めて再認識したうえで、これまでの自治協議 会の組織や活動の見直しに向けて少しずつ歩みを進めています。そこで、地域住民一人ひとりの主体性が育まれ、人づくりや住民同士のつながりづくりに資する地域支援をおこなうことを目的として、地域づくり支援員を募集します。

業務の概要
丹波市役所本庁舎(氷上住民センター)を拠点に、支援を必要とする地域に出向いて、以下の支援を行います。
1.住民ワークショップなど、地域住民が地域の現状や課題について話し合い、学び合うための場づくりの支援
2.地域住民が地域の現状や課題を把握するためのアンケート調査、まちあるき、統計データ活用等の各種調査及び分析の支援
3.地域の現状や課題に応じた地域支援計画の作成
4.地域づくりに関する各種研修の企画・運営
5.その他地域支援のために必要と認める事項

詳しくは丹波市の地域づくり支援員募集ページをご覧ください。

募集案内はこちら→令和3年度丹波市地域づくり支援員採用試験受験案内

カムバックひょうご東京センター ひょうご移住プラザ 移住アドバイザー

近藤

プロフィール

神奈川県生まれ。小学校からの子供時代と阪神淡路大震災後の1年間を、宝塚市で過ごす。都内の大学に入学後、東京で社会福祉士として相談支援や介護業務に従事。一時期、茨城の農業関連会社で勤務していたこともあり。アウトドアでの活動や歴史・文化に触れることが大好きで、現在は登山やトレッキングにはまりすぎて困っている。

相談員から一言

兵庫県は日本海から瀬戸内海まで日本を縦断する唯一の県です。気候も雪国から温暖な瀬戸内気候までバラエティーに富んでいます。豊かな海、美しい里山、風情あふれる街、おしゃれな都会もみんなすぐそこ!自然も文化もうまいもんもいっぱいで「みんなが知ってる名物」だらけです。人生について少し考えてみたくなったら、兵庫県で新しいチャレンジをしてみませんか?新しいライフスタイルの可能性は無限大!兵庫県での暮らしや仕事をしっかりサポートします。