地域のトピックス

【2月20日】山口県央7市町の味・人・暮らしに出会うオンラインツアー

山口県は明治の廃藩置県以前は、「長門国」と「周防国」という2つの国でした。
山口県(山陽小野田市、宇部市、美祢市、山口市、萩市、防府市)はちょうどその国境に位置する市町。そして島根県の津和野町は古くから山口とのつながりが深い町。この7つの市町はナナシマチ(nana see machi)となっていろいろなイベントを行っています。

ナナシマチについて詳しく
☞ 山口県央連携都市圏域7市町のイベント情報 (山口市HP)
☞ ナナシマチ in yamaguchi(公式Facebook)

2月20日(土曜日)に、このナナシマチを巡るオンラインツアーを開催します。
2つの海(瀬戸内海・日本海)と清らかな水が流れる農山村からの恵み、そして生活する人々の笑顔に出会う旅に出かけてみませんか?

☞ ツアー詳細 (ツアー募集HP)

《オンラインツアースケジュール》

13:30 受付開始
Zoom初体験の方は、お早めにログインしてみてください。

14:00 山口宇部空港に集合(画面の前にお集まり下さい)
途中から参加や退場は自由です。
あうたびより挨拶とツアー中のご案内。
山口県央連携都市圏域移住・定住促進事業実行委員会の担当者より山口県央ナナシマチについてや今回のツアーについてお話を伺います。

14:10 まずはじめに訪れるのは山口県北部に位置する萩市です
萩市からは地域おこし協力隊OG、現在は「つぎはぎ農園」にて民泊を運営する石田さんに萩市の魅力をご案内いただきます。ここで早速乾杯!

14:30 次に訪れるのは、山口県の中央に位置する山口市。
山口市のご当地カレー「ココえび狩リー」誕生の背景や商品開発の工夫、山口市秋穂地域が発祥である車えびの養殖事業について赤瀬さんと原田さんよりお話を伺います。

14:50 その後、瀬戸内海に面した工業都市、防府市へ。
防府市の老舗蒲鉾・竹輪店岡虎の貞政さんにお送りしている商品のご紹介をいただいたあとは、タコツボづくりを行う田中窯業の久野さんの窯を訪れます。

15:20 休憩

15:30 次に伺うのはセメントやガラスなどの工業で知られる山陽小野田市です。
故郷山陽小野田市にUターンし、猟師となり、ジビエ用の食品加工販売などを行う仲村さんより、故郷の魅力や猟師のお仕事、ジビエの魅力ついてお話を伺います。

15:50 日本最大級のカルスト大地「秋吉台」などで知られる美祢市へ。
ご夫婦で有機農業を行いながら古民家暮らしを楽しんでいらっしゃる徳田ご夫妻を訪ねます。人と自然が調和した暮らしとはどんな暮らしなのかご紹介いただきます。

16:10 山口県に接した島根県の西の端に位置する津和野町を訪れます。
元津和野町議会議員としても活躍された京村さんより、牧場の中に位置する「山のこども園うしのしっぽ」でのご活動や、津和野での子育てのお話などご案内いただきます。

16:30 最後に訪れるのは、山口県南西部、瀬戸内海に面した宇部市です。
霜降山アートセラピー絵染工房SENNNINを運営される山内ご夫妻のご活動を伺う他、宇部市で焼肉精肉業を営む家庭に生まれ、地元の肉文化を盛り上げる安兄弟にお話を伺います。

16:50 懇親会
ナナシマチの方々を交えたオンライン飲み会です!追加の質問なども遠慮なくどうぞ。

18:00 ツアー終了(中締め)
2次会として引き続きZoom環境を開放しますので、参加者同士の自由な交流をお楽しみください。

※時間は目安となります。内容に関しても天候や現地事情、進捗状況により、適宜変更をさせていただく場合がございます。

※ツアー費用は2000円(税・送料込)~です(応援セットの購入が参加費となります。セットは2000円、5000円、6000円、8000円の4種あります)。
※お申し込みは2月14日(日)までとなっていますので、お早めにお申し込みください。
ぜひ、ナナシマチの美しい風景・温かな人々・豊かな味をお楽しみください。

ナナシマチ各市町の移住情報は以下のホームページでご紹介しています。併せてご覧ください。
萩市 ☞ 萩暮らし応援センター(萩市HP)
山口市 ☞ すむ住む山口(山口市移住情報HP)
防府市 ☞ ほうふUJIターン支援サイト(防府市HP)
山陽小野田市 ☞ 山陽小野田市移住・定住情報(山陽小野田市HP)
美祢市 ☞ すんでみ~ね(美祢市 移住・定住支援サイト)
津和野町 ☞ 定住情報(津和野町HP)
宇部市 ☞ 宇部移住計画(おいでませ!うべ移住・定住サポートセンターHP)

やまぐち暮らし東京支援センター 移住相談員

平尾・木村

プロフィール

平尾:山口県周南市出身。高校卒業までを山口で暮らす。結婚を機に東京下町へ。山口が大好きすぎて、東京でも、山口の野菜などを月に一度販売。2016年5月から「ふるさと回帰支援センター」内の「やまぐち暮らし東京支援センター」にて、移住相談員(YY!ターンソムリエ)をつとめる。1男1女の母でもあるので、ファミリー移住も応援!

木村:山口県光市出身。光市と周防大島町の大自然の中で育ち、大学から東京暮らし。前職は地図と観光ガイドブックの出版社に勤務し、地図編集や観光プロモーションの提案・製作に従事。地方の可能性とふるさとへの懐かしさを感じ、人生の後半戦は地元のために仕事したいと思い現職に。休日はランナー。走った後のビールは最高!

相談員から一言

平尾:山口は、海あり山あり、程よい都会あり。水や土が良いから、お野菜・お魚・お米どれも本当に美味しいです。移住される方も年々増えており、今年は「やまぐち移住倶楽部」も発足!移住の先輩たちが、移住後の暮らしをサポートしてくれますよ。やまぐち暮らし東京支援センターでは、山口に住む素敵な方々をどんどん紹介しますので、ぜひ、一度遊びにいらしてください!

木村:山口県の良さは、「夢を実現できる場所」。鉄鋼、化学、自動車、鉄道車両などの日本を支える“ものづくり”、県のまわり三方の天然いけすと温暖な気候と地形が育む“自然の恵み&美食”、そして、日本の歴史に名を刻んできた“常に時代を先ゆく文化を育む地域力”は、皆さんの人生を豊かにしてくれる舞台です。人・モノ・自然・伝統を尊び、そして、少しばかりおせっかいな県民性の『やまぐち』を感じてみてください。おいでませ!