地域のトピックス

燕市へテレワーク・フリーランス移住される方への補助金

新潟県燕市に移住して、テレワーク・フリーランスで仕事をする方へ、家賃補助ができました。

詳しくは以下をごらんください。

燕市移住者住宅支援事業補助金(家賃補助/新婚世帯移住者)
新潟県テレワーカー・フリーランス移住応援金(新潟県の補助金)

また燕市にはテレワーク・フリーランスの方だけでなく、企業に就職した方、婚姻後に燕市に移り住んだ夫婦である「新婚世帯移住者」にも補助金があります。

◎アクセス
新潟県のほぼ中央にある燕(つばめ)市は、上越新幹線で東京から「燕三条駅」まで最短100分!
東京から通勤しやすい地の利があります。自然を感じる事ができる地域でもありますが、県の中央にあるので近隣の新潟市や長岡市の商業地域へもアクセスしやすい地域です。

◎自然もたのしめる

特にオススメは国上山。標高313mの低山で、トレッキング初心者でも気軽に森林浴を楽しめます。
春にはカタクリの群生やミスミソウ(雪割草)が見られるほか、越後最古の名刹・国上寺(こくじょうじ)や、江戸時代の名僧・良寛が長く暮らした五合庵などの史跡が点在する歴史の宝庫です。

◎モノづくりのまち
燕市は、高い技術を誇る金属加工を始めとした、ものづくりのまちとして有名です。
世界に誇る燕の金属加工の高い技術を駆使した金属洋食器は、輝きや造形の美しさはもちろんのこと、使いやすさにおいても高く評価されています。
燕市のカトラリーがTBS系TVドラマ「グランメゾン東京」で使用されていたり、毎年人気で参加者を集めている工場の祭典が人気。モノづくり体験ができる「燕市産業史料館」がおすすめです。


チタン製アイスクリームスプーンづくり体験

にいがたU・IターンフェアWEEKで個別相談ができます。

にいがた県が主催する、移住の大規模イベントです。特設サイトで実施中!
・1/17(日)~2/14(日)の間に個別相談を受付すると、にいがた県産品が抽選で当たります。
→燕市に個別相談はこちらから

・1/23(土)は燕市のモノづくり企業のトークイベントも配信します!燕市の魅力が感じられる話がきけるかも。特設サイト内でご覧いただけます。(13:00-17:00)

\たとえばこんなことを聞いてみよう/
自分は補助金の該当になりますか?
積雪量はどうですか?
市内にテレワークができる拠点がどの位あるか?オススメの場所は?
家賃はどのくらいですか?
おすすめのアウトドア施設や温泉などありますか?
子育て環境はどうですか?

★燕市の個別相談予約サイトはこちらから
★Zoomのご利用方法

その他
にいがたU・Iターンフェアについての告知

にいがた暮らし・しごと支援センター(有楽町オフィス) 相談員

本間

プロフィール

新潟県柏崎市出身。高校卒業後、新潟県内・東京都内・埼玉等に在住。新潟県と関東圏を行き来し生活した経験を生かし地元に貢献したいと考えるようになり、「にいがた暮らし・しごと支援センター(有楽町オフィス)」移住相談員をつとめる。

相談員から一言

新潟県は東京まで新幹線で約2時間ほどと、便利な環境ながらも、「夏の海の綺麗さ」や「冬の雪を被った綺麗な山並み」など四季の移ろいがはっきりと感じられる、自然豊かなところです。一方で、日本海側最大の都市もあり、色々な移住の可能性があるところも特徴だと思います。お米もお酒もお魚も新鮮でおいしいですが、なんといっても「人の面倒見の良さ」「あたたかさ」が一番の魅力だと思います。移住を考えた時、地元に戻ってみたくなった時まずはお気軽にお越しください。お話しながら一緒に叶えたい暮らしを考えていきましょう。