地域のトピックス

ファミリー層にも人気 都心に出やすく、総合スーパー数にびっくり!

人口10万人当たりの百貨店、総合スーパー数は全国2位

(平成26年 経済センサス基礎調査より)
滋賀県は大型ショッピングモール、スーパー、ディスカウントショップ等がたくさんあるので、
生活には困りません。
地元でおなじみのスーパーが「平和堂」です。滋賀県民はだいたいの人が「平和堂」の歌を歌うことができ、「HOPカード」なるものをいつもカバンの中に入れて持ち歩いています。
イオンも西友もたくさんあります。リカマン発祥の地でもあります。
また、道の駅では新鮮な野菜を安くで購入することができます。
地産地消の商品を買うのはどこで?→「おいしが うれしが」サイトで検索していただけます。

 関西風味

一番上の画像、日清食品ホールディングスの「どん兵衛」の広告、数年前にJR大津駅で見たポスターの画像です。
どん兵衛のカップ麺の蓋の部分や粉末のパッケージは、関東と関西では違うところから始まって、
どん兵衛のつゆの味も違います。関東バージョンはかつおだし、関西バージョンは昆布だし。うどんの触感も若干違うとか....
是非、関西バージョンを味わってみてください。関西だししょうゆ味のかっぱえびせんも とまらないです。

トカイナカ

コンパクトにできている滋賀県は都会と田舎が隣あって密接しているので、行き来がしやすいことが特徴です。以前、トカイナカという言葉がはやりましたが、、、、まさにトカイナカそのものです。

アクセスに関しては、JR東海道本線を利用すれば、滋賀県内からだど、大阪や京都へも30分~1時間程度で行くことができます。本数も多いので移動に手間取ることはありません。ファミリーの方に人気なのは やはりこのアクセスの良さも大きいと思います。

太陽のコロナ(滋賀県のお店にて by移住者さん)

しがIJU相談センター 相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。