地域のトピックス

「地球を食べる食堂」1月23日開店

明治維新の胎動地として有名な「萩」
多くの歴史偉人を輩出し、今なお、江戸情緒溢れる町並みがありますが、「萩」は火山の上になりたっている街ってことをご存知でしょうか?萩城の石垣の石も、萩焼も、夏みかんも、火山活動を物語っているのです。

太古の昔、1億年前~200万年前にかけ、日本列島がユーラシア大陸から分離して弓状の島群を作りましたが、ちょうど今の萩のあたりでも火山が噴火していました。日本列島が今のカタチに落ち着くにつれ噴火の規模は小さくなりやがて止まりましたが、その名残が萩市・阿武町・山口市(一部)の各地にあり、現在「萩・ジオパーク」と指定されています。また、火山が作った地形のおかげで豊かな農水産品が生産されています。
<詳細は以下のサイトをご参照ください>
◆萩ジオパーク について「萩ジオパーク(公式サイト)」 ☞ https://hagi-geopark.jp/
◆萩の食材について 「はぎのごちそう”萩GoChi”」 ☞ https://hagi-gochi.jp/

そして、ジオ(地球)と食材を組み合わせて、「地球を食べる食堂」が今年も開店します。
今回のテーマは、「むつみ・日本酒編 ~水と米、発酵、そして人~」

日本各地で火山のあるところには銘水とよばれる清流や名水が多いですよね。火山地域の萩も水が良く、萩ジオパークの地域内には、6つの酒蔵があり、どれも美味しく個性豊かな酒を醸し、全国にも名だたる銘酒の数々が生まれています。どうして萩の酒は美味しいのか?今回は、萩市地域おこし協力隊OGの河津梨香さんが所属する発酵ユニット【 Marble 】も参加し、酒を題材に萩の大地のヒミツに迫ります。

詳細 ☞ こちら 
申込 ☞ こちら

有料ツアーではありますが、「火山が生んだ萩の味」をぜひお楽しみください。

やまぐち暮らし東京支援センター 移住相談員

平尾・木村

プロフィール

平尾:山口県周南市出身。高校卒業までを山口で暮らす。結婚を機に東京下町へ。山口が大好きすぎて、東京でも、山口の野菜などを月に一度販売。2016年5月から「ふるさと回帰支援センター」内の「やまぐち暮らし東京支援センター」にて、移住相談員(YY!ターンソムリエ)をつとめる。1男1女の母でもあるので、ファミリー移住も応援!

木村:山口県光市出身。光市と周防大島町の大自然の中で育ち、大学から東京暮らし。前職は地図と観光ガイドブックの出版社に勤務し、地図編集や観光プロモーションの提案・製作に従事。地方の可能性とふるさとへの懐かしさを感じ、人生の後半戦は地元のために仕事したいと思い現職に。休日はランナー。走った後のビールは最高!

相談員から一言

平尾:山口は、海あり山あり、程よい都会あり。水や土が良いから、お野菜・お魚・お米どれも本当に美味しいです。移住される方も年々増えており、今年は「やまぐち移住倶楽部」も発足!移住の先輩たちが、移住後の暮らしをサポートしてくれますよ。やまぐち暮らし東京支援センターでは、山口に住む素敵な方々をどんどん紹介しますので、ぜひ、一度遊びにいらしてください!

木村:山口県の良さは、「夢を実現できる場所」。鉄鋼、化学、自動車、鉄道車両などの日本を支える“ものづくり”、県のまわり三方の天然いけすと温暖な気候と地形が育む“自然の恵み&美食”、そして、日本の歴史に名を刻んできた“常に時代を先ゆく文化を育む地域力”は、皆さんの人生を豊かにしてくれる舞台です。人・モノ・自然・伝統を尊び、そして、少しばかりおせっかいな県民性の『やまぐち』を感じてみてください。おいでませ!