地域のトピックス

日本初のサブスク型キャンプ場発起人!CSD2.0河西さんインタビュー動画公開

山梨県は山、森、川といった豊かな自然にめぐまれ、首都圏にも近いことから
「キャンプ場へ家族や友人と遊びに行った」という方も多いのではないでしょうか。

今回紹介する、二地域居住実践者の河西さんもその一人。
キャンプが好きで山梨に通ううち、「自分でキャンプ場を作りたい!」と思い立ったが吉日。
土地探しや資金づくりなどたくさんの見知らぬ仲間を巻き込み、自ら草刈りや開墾を行い、
日本初のサブスクリプション(月額定額制)キャンプ場「CAMP SPACE DOSHI2.0」をオープンしました。

そんな河西さんの思い、魅力たっぷりの道志村のキャンプ場の様子をまとめた動画がこの度公開されました。
12月13日開催「アウトドア×移住・多拠点セミナー」でもお話しいただきましたが、
聞き逃した方はこの機会にぜひ!

Youtube または
やまなし移住定住ポータルサイトのページ
からご覧ください♪

やまなし暮らし支援センター 移住専門相談員

宮崎・長島

プロフィール

宮崎:北海道苫小牧市出身。小学校2年生の冬、父親の転勤に伴い横浜と東京に居住。東京で就職し、34年間一貫して電子回路設計業務に従事する。定年前に退職し、2021年7月より「やまなし暮らし支援センター」の相談員として着任。

長島:群馬生まれの大分育ち。大学進学を機に上京し、卒業後も東京で就職。映画・映像業界、アパレル、家具メーカーで勤務する。前職で富士吉田市周辺へ度々訪れていたこと、山梨出身の友人知人が多いこと、なじみの飲食店が山梨に移転など、なぜか山梨にまつわるエピソードが続いたことをきっかけで興味を抱き、2021年5月より相談員を務める。

相談員から一言

宮崎:6年間、山梨での単身赴任を経験しました。自然、温泉、果物に魅了され、単身赴任が終わっても毎月のように通うようになりました。情報収集に努めて、首都圏から近い山梨の魅力を伝えたいと思っています。お気軽にやまなし暮らし支援センターへお越しください!

長島:山梨県は移住先として人気の場所です。自治体・関係機関と連携しサポートいたします。皆さまの思い描くやまなし暮らし、ぜひお聞かせください。窓口で待っています