地域のトピックス

姫路市地域おこし協力隊を募集しています!

本募集は終了しました。
※家島諸島についてはこちらの記事も出ましたのでご覧ください!(2021/4/10更新)👇
家島地域おこし協力隊×ひょうご移住プラザ スペシャル企画 第1弾  
島暮らし ~姫路本土から30分、瀬戸内の島・家島の場合~

姫路市本土から30分で行ける家島諸島で、地域おこし協力隊として活動してみませんか?地域の方々と一緒に、地域の維持・活性化につながる活動をしていただける方の応募をお待ちしております!

兵庫県姫路市の沖合い18キロメートルの瀬戸内海に浮かぶ大小40余りの島々から成る家島諸島。家島の魅力の一つは、島の近海で獲れる新鮮な魚介類です。
複雑な海岸線に囲まれた島周辺は、魚の格好の棲み家で、タイやタコ、アジなど年中多くの魚介が揚がります。
特に、ぼうぜ鯖、ぼうぜがに(ガザミ)、華姫鰆、白鷺鱧はブランド魚として売出し中で、島内の旅館や飲食店には新鮮な魚料理を求めて多くの来訪者があります。
また、本島の港の両側に山が迫る裾野に石材運搬船、ドックや建物が並び、島の人たちが生き生きと行き交う瀬戸内の港町や、隣接する坊勢島の湾奥の漁港を取り囲む漁村の風景は他の島では見かけることが少ない貴重な風景です。まるで昭和にタイムスリップしたような原風景を大阪からは2時間、姫路市本土からは30分の至近距離で味わえます。

一方、全国の離島と同様に、人口流出、高齢化等に伴い、地域活動の担い手が減少し、将来的に地域の活力が失われてしまう可能性があります。そこで、こうしたさまざまな課題に向き合いながら豊かな地域資源を活用し、地域の方々と一緒になって活性化に協力していただける方を募集します。

・募集人数:若干名
・任用期間:令和3年(2021年)4月1日(木曜日)から令和4年(2022年)3月31日(木曜日)まで
・応募期間:令和3年(2021年)2月9日(火曜日)まで

詳しくは、こちらのページからご確認ください。

<問い合わせ・応募先>
姫路市 市長公室 地方創生推進室 がんばる地域応援室・地域担当
〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地
電話番号:079-221-2833
メールアドレス:chihou-chiiki@city.himeji.lg.jp

カムバックひょうご東京センター ひょうご移住プラザ 移住アドバイザー

近藤

プロフィール

神奈川県生まれ。小学校からの子供時代と阪神淡路大震災後の1年間を、宝塚市で過ごす。都内の大学に入学後、東京で社会福祉士として相談支援や介護業務に従事。一時期、茨城の農業関連会社で勤務していたこともあり。アウトドアでの活動や歴史・文化に触れることが大好きで、現在は登山やトレッキングにはまりすぎて困っている。

相談員から一言

兵庫県は日本海から瀬戸内海まで日本を縦断する唯一の県です。気候も雪国から温暖な瀬戸内気候までバラエティーに富んでいます。豊かな海、美しい里山、風情あふれる街、おしゃれな都会もみんなすぐそこ!自然も文化もうまいもんもいっぱいで「みんなが知ってる名物」だらけです。人生について少し考えてみたくなったら、兵庫県で新しいチャレンジをしてみませんか?新しいライフスタイルの可能性は無限大!兵庫県での暮らしや仕事をしっかりサポートします。