地域のトピックス

脱・東京で静岡市と神戸市はいかが?

来る2月27日(土)闘いの本番に向けポスターも堂々と完成いたしました~。

コロナ禍の中、脱・東京を考えられている方もいらっしゃると思います。でもでもでもですよ、生活環境を大きく変えるのは大変ですよね🧐そこで、東京近郊で人口密度が高くない政令指定都市静岡市はいかがでしょうか?私も住んでいた時に感じたのは、時間の流れも住んでいる人たちも穏やかな街です。神戸市のように百万ドルの夜景✨スタイリッシュさや華やかさはありませんが、新幹線ひかり号に乗れば約一時間で東京へ行けます。お堀ランナーもいます、駅近は吉祥寺に似てます、富士山🗻がはっきり見えます。観光客で日常生活がざわざわすることもありません。シンボリックな建物や風景もないですが、渋滞がなく市内の海山川レジャーが楽しめます。雄大な自然が身近にあるとにかく住みよい街、日本のフロリダ☀️静岡市。いい街ですよ~。

神戸市は、かつて「山海へ行く」のキャッチフレーズがあったように、先進的で新しいことにチャレンジをしてゆく街です。異人館があり、関帝廟もあり、中華街もあり、(私は老祥記の豚まんが大好き)海外文化も街中に溶け込んでいます。ベランダから海が見え、汽笛が聞こえる、夜は夜景が見えたりするそういう大人な環境が日常にあります。静岡市と神戸市お互い似て非なる街。今回このセミナーでお互いの良さを皮膚感覚で感じてください。

もっと静岡市について知りたい方は、いいねぇ。静岡生活をチェック
もっと神戸市について知りたい方は、KOBE addressをチェック

静岡市移住支援センター 移住アドバイザー

田邉・稲葉

プロフィール

田邉:兵庫県神戸市出身。大学卒業まで神戸市で過ごし、その後転勤等で東西を転々として静岡市では7年ほど暮らす。県庁勤務・銀行勤務・市役所勤務等を経て、2020年4月より「静岡移住支援センター」にて相談員を務める。

稲葉:福岡県北九州市に生まれ、家族の転勤に伴い、全国の都市や地方に住み、子供のIターン就農をきっかけに地方移住に興味を持つ。義両親の出身地である静岡市の先祖代々の墓所からの美しい駿河湾の眺めに魅せられ、縁あって静岡市移住相談員に。

相談員から一言

田邉:歴史も、美しく雄大な自然も、おいしい海の幸山の幸も、レジャーもショッピングも、街や山間地や海の暮らしも、都市機能も揃っているのは政令都市ならではの贅沢な魅力。あれもこれも市内の「普通の暮らし」の中で手に入る、それが静岡市!皆様のご希望に添えるカードをたくさん用意してお待ちしておりますので、どうぞお気兼ねなくお声がけください。

稲葉:首都圏に近く、海と山に囲まれた政令指定都市である静岡市。JR東海道線沿線を中心とした「おまち」は坂道が少なく交通機関も豊富で便利な都市部。一方「オクシズ」は南アルプスまで続く自然豊かな環境でありながら市街地までも遠くない。そんなコンパクトな静岡市の最大の魅力は、何と言っても人の温かさ。こんな暮らしがしたいというご相談はもちろん、どんな暮らしがしたいのか、まだ明確に決まっていない方のお話もじっくりとお聞きします!