地域のトピックス

~あなたの空き家が価値を生み出す!? 空き家の活用による地域創造とは?~

昨今、田村市をはじめ全国で空き家問題が注目されています。

皆さんの周りでも空き家について悩まれている方がいらっしゃると思います。そこで今回は、空き家の資産を高めるプロジェクトで実績のある株式会社ジェクトワンの印南氏をお招きし、遊休資産である空き家等を活用した地域への価値創造の方法や事例を紹介していただきながら、ご参加いただく皆様と共に田村地域を始めとした空き家の活用について学べる機会を設けました。

【イベント概要】
■主催者:一般社団法人Switch
■日 程:2020年12月18日(金)
■時 間:16:00~18:00(15:30より受付開始)
■講 師:株式会社ジェクトワン 印南 俊祐氏
■参加費:無料
■参加方法:
まずは下記のフォームからお申込み下さい。
https://forms.gle/5GP2ka8xn1bEPFTT8
① オンライン参加
zoomを用いて、ご自宅などからご覧いただけます。
受付完了後、視聴方法は個別にご連絡いたします。
②現地参加
インターネットの環境がない方は、下記会場までお越しください。
宿泊仕事場 万屋今年田
〒963-4312 福島県田村市船引町船引字今年田4番1

【こんな人におすすめ】
「私が住んでいる自治体でも最近、空き家が増えてきた気がする..」
「空き家をなんとかしたいけど上手くいかない..」
「空き家をリノベーションしたけど上手く活用できない..」

【セミナー内容】
・株式会社ジェクトワンの事業について
・空き家の利活用における収益性について
・空き家の利活用に向けての専門的なノウハウの蓄え

【講師略歴】
株式会社ジェクトワン
シニアマネージャー 印南 俊祐氏
https://jectone.jp/
工務店で現場監督の経験後、新築そっくりさんでおよそ200棟の現場を担当。
その後株式会社ジェクトワンにて空き家抑制の普及啓発に従事。空き家を建築と不動産の両面でとらえ、問題の解決に臨む。

【お問合せ】
■田村地域空き家の窓口 https://tamura-akiya.com/
■お電話 0247-61-7579
■メールアドレス info@tamura-akiya.com

福が満開、福しま暮らし情報センター 相談員

新妻・佐藤

プロフィール

新妻:高校卒業までを富岡町で過ごす。大学入学と同時に上京し、都内で就職。高校生の進路行事を企画運営する企業、個人住居リノベーションのコーディネート、司法書士事務所事務を経て2018年4月より福が満開、福しま暮らし情報センターの相談員に。

佐藤:高校卒業まで福島県南相馬市(旧原町市)で過ごす。大学卒業後、大手百貨店に入社し、企画・宣伝・広報業務を中心に36年間勤務。2019年11月より、ふるさと回帰支援センター内「福が満開、福しま暮らし情報センター」の移住相談員として勤務。

相談員から一言

新妻:福島県は奥羽山脈と阿武隈高地の山並みを境に、会津地方・中通り・浜通りの3つエリアに分かれています。その地形から、それぞれが気候も歴史も暮らしも異なる大きな県です。雪、里、山、海…など、ご自身に合った理想とする暮らしがどこかできっと適えられると思います。福島の人は粘り強く親身で心根は熱いです。そんな福島が気になった方は一度センターへお越しください!

佐藤:今まで日本中いろいろな場所で暮らしましたが、どこも素晴らしいところばかりでした。
そんな中でもふるさと福島は四季の移り変わりがとてもはっきりしているところだと思います。
山々の景色・鳥たちの声・満天の星空・果物の豊富さ・旬の魚・空気の匂いなど、四季の変化を感じるものが盛沢山です。ぜひ福島に来てご自身で福島の魅力に触れてください。