地域のトピックス

第3回とくしま生物多様性活動推進フォーラム
「自然を活かした仕事・暮らし」

自然を活かした仕事・暮らし

コロナ禍を経て、都市部での生活から地方への暮らしに関心が高まっています。
また、ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた「ワーケーション」という働き方を取り入れる企業が増え、環境省も補助金を出すなど注目されています。

これまでとは違った働き方やライフスタイルを模索中の方も多いのではないでしょうか。

自然・文化豊かな徳島で、仕事、生きもの、暮らしについて、新たな視点で考えるイベントです。

【日時】
2020年12月19日(土)13:00~16:00(受付:12:30~)

【場所】
〈来場〉   徳島グランヴィリオホテル グランヴィリオホール(徳島市万代町3-5-1)
〈オンライン〉Zoom使用

【定員】
定員50名+オンラインZoom(事前申込み制)

【参加費】
無料

【プログラム】
12:30       受付

13:00~13:05 開会あいさつ・趣旨説明
とくしま生物多様性活動推進協議会長 鎌田磨人

13:05~14:45 話題提供
「自然を活かす これからの地域づくり」
環境省自然環境局自然環境計画課 保全再生調整官 岡野 隆宏
「剣山のふもとで川旅」
Trip 四国の川の案内人 牛尾 健
「ダイビングで知る徳島の海の魅力」
ダイビング&スノーボード 海底少年 戸川 義啓
「in Between Blues 空海藍~”碧”が繋ぐ故郷と世界」
in Between Blues 永原 レキ

14:55~15:15 コメント
徳島県政策創造部地方創生局とくしま回帰推進課 移住交流担当室長 山名 由紀子
環境省森里川海プロジェクト・アンバサダー 鎌田 安里紗

15:15~15:55 意見交換
鎌田磨人(進行)、岡野隆宏、牛尾健、戸川義啓、永原レキ、鎌田安里紗、志田敏郎

15:55~16:00 閉会あいさつ
とくしま生物多様性センター長 志田敏郎

【お申し込み】
お名前(ふりがな)、連絡先、住所、メールアドレス、参加方法(会場参加・Zoom参加)を、①②③のいずれかの方法にてお申し込みください。
①FAX:088-663-5380(必要事項を記入してお送りください)
②メール:tokushima.bio.council@gmail.com(必要事項を全てメールでお送りください)
③郵送:〒770-8570 徳島市万代町1丁目1番地 徳島県環境首都課自然環境担当あて

【お問い合わせ】
とくしま生物多様性活動推進協議会事務局
メール:tokushima.bio.council@gmail.com

【主催】
とくしま生物多様性活動推進協議会

【共催】
とくしま生物多様性センター、徳島大学環境防災研究センター

【後援】
中国四国地方環境事務所四国事務所、四国環境パートナーシップオフィス

 

住んでみんで徳島で!移住相談センター とくしま移住コンシェルジュ

村社

プロフィール

島根県安来市出身。高校卒業後、島根県内で就職。旅行で訪れた徳島県三好市で駅のホームから見える山の高さに驚く。同じ田舎でもなだらかな山が続く地元と、険しい環境での暮らしの違いは何か興味を抱き始める。
地方暮らしのサポートを通じて徳島県の魅力を発信するため、2021年4月からとくしま移住コンシェルジュを務める。

相談員から一言

徳島県は都市部の東部、マリンスポーツが盛んな南部、秘境のある西部の3つに大きく分かれています。関西や四国三県へのアクセスも良く、山も海もある自然が豊かで温暖な地域です。
そうかと思えば通信環境は日本屈指、都市と地方を結ぶサテライトオフィスの開設数は国内トップクラスという、これまでのイメージを変えてしまう意外な一面もあります。
バラエティーに富んだ徳島県での暮らしについて、是非一度ご相談下さい。