地域のトピックス

#神戸夜景が綺麗ですね

「神戸といえば◯◯」

この◯◯に思い浮かぶ言葉はどれくらいあるのでしょうか?
・神戸といえば神戸ビーフ
・神戸といえば山と海
・神戸といえば六甲山
・神戸といえば港町
・神戸といえば洋館
・神戸といえば中華街

などなど、書ききれないほどまだまだ挙げればキリがありません。でも、もうすぐ12月。いろんなイベントのあるシーズンということで、やはり神戸といえば「夜景」です。

ちょうど今月の「神戸市広報紙KOBE12月号」にも紹介されていたのですが、2019年12月から「わたしの好きな神戸の夜景」をテーマにInstagramでのキャンペーンが行われていました。1,000を超える投稿があり、賞の発表は8月に行われていたのですが、どれもこれからの季節に眺めたくなるものばかり。

神戸の夜景は1千万ドルともいわれ、六甲山から眺める景色だけでなく、旧居留地や南京町の異国情緒あふれる景色や、街並みなど多種多様です。そして神戸の12月といえば「ルミナリエ神戸」。残念ながら今年は、コロナウイルス感染症拡大防止のため中止が決定していますが、通常であれば12月に開催される光の祭典です。
神戸ルミナリエ

と、これらは「わたしの好きな神戸の夜景」キャンペーンの受賞作品ではないのですが、どれもとても綺麗ですよね。実際の入選作品は専用WEBページで紹介されていて、紹介したくなるものばかりですのでぜひご覧ください!
#神戸夜景が綺麗ですね インスタグラムキャンペーン入選作品

また、インスタグラムでは引き続き「#神戸夜景が綺麗ですね」のハッシュタグをついた投稿が数多くアップされていますので、こちらも合わせて見ることで、今のリアルな神戸も覗いてみることも可能です。コロナ禍の影響で、なかなか外出しにくい状況が続きますが、神戸の夜景投稿を眺めてお家で楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

\神戸の移住相談はこちら!WEB(zoom)を使ったオンライン相談も可能!/
ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

 

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!