地域のトピックス

喫茶「つぶやこうべ」のマスターが神戸移住を後押し?

先日、突如こんな喫茶がオープンしていました。その名も喫茶「つぶやこうべ」。

扉や椅子、ポットなどが「神戸ポートタワー」の形で、よく見ると壁には「神戸BEEF」の置物らしきものも。そして、このカフェのマスターはなんと髪型が六甲山地!!

どうやらマスターはとても物知りで、神戸市のことにとっても詳しくいろいろと教えてくれるそうです。世話好きでとても話やすいマスターを目当てにお客さんが集まり、神戸仲間を応援してくれたり、相談に乗ってくれるので、カフェが神戸の様々な事を繋ぐ場となっているとのこと。

DOMINO TALKを活用した神戸ファンの創出に向けた共同研究

これは何かといいますと、実は神戸市が株式会社電通と協力し新たに初めた共同研究です。DOMINO TALKという「対話型コミュニケーションサービス」を活用し、SNSでの戦略的コミュニケーションによる神戸ファン創出に向けた取り組み。

架空の喫茶点という設定の「つぶやこうべ」のマスターが、神戸の観光や移住についての魅力を発信したり、会話をしたりすることで、SNS上での神戸ファン同士のコミュニティを作っていこうという施策なのです。

たしかに東京でもいくつか神戸に関わるお店や、出身者の方がされている飲食店がありますが、そういうお店には神戸好きの人たちや出身者が集まってきます。私も何軒か行った事がありますが、やっぱり神戸の話題で盛り上がりますし、話をしていると神戸に行きたくなりますね。

物知りマスターの神戸トークとは?

そんな「つぶやこうべ」のアカウントが開設されて少し経った今、じわじわとマスターファンが増えてきています!フォロワー数は2021年1月30日現在で約1,700人。神戸新聞に取り上げられたこともあり(記事はこちら)、地元での認知度も上がってきているようです。
では、そんな神戸通の物知りマスターはどんなことをつぶやいているのでしょうか?


名谷にある「トミーズ」のポテト。私も高校生の頃、帰り道に食べました。


先日の情熱大陸で取り上げられていた「フロイン堂」さんについて。


また、兵庫区にある「人工衛星饅頭」。ここは私はまだ行った事のないお店でした。

と、こんな風に神戸のことをつぶやいていて、マスターはなかなかグルメのようです。それだけではなく神戸の事について話している人たちとコメントし合ったり、とてもお話好き。最近は神戸にゆかりのある企業のTwitterアカウントとのつながりあるようで、どんなふうに絡んでいるのかを見るのも楽しいです。

ちなみに喫茶「つぶやこうべ」の場所は、どうやら都内某所であるとか、ないとか。移住についての相談も乗っているとの事ですので、もしかするとそのうちマスターとも関わることがあるかも知れませんね!

\ぜひフォローしてみてください!/
Twitterのアカウント名:つぶやこうべ
@tsubuya_kobe

もちろん、リアルでの具体的な移住相談は「ふるさと回帰支援センター」でも行っています

\神戸の移住相談はこちら!WEB(zoom)を使ったオンライン相談も可能!/
ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

 

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!