地域のトピックス

埼玉県東部でかなう里山と田園の暮らし~宮代町~

初めて聞いたと思いきや、意外にも

相談にお越しの方に宮代町(みやしろまち)をご紹介しても、皆さんの反応は「???」。

「東武動物公園がある町ですよ」とお伝えすると、「プールに行ったことがある!」「木製ジェットコースターに乗った!」といったお声がちらほら。なかには「東京メトロ日比谷線乗車中に寝てしまい、終点駅で目が覚めたらここだった」という悲しいご報告も・・・

宮代町は、北千住まで東武スカイツリーラインで35分、埼玉県東部に位置するのどかなまちです。

宮代町のある埼玉県東部地域には、山も海もありません。田畑や川、雑木林など「大自然」とは言えないけれど暮らしにそっと寄り添うような自然があり、四季の移ろいを感じさせてくれます。

役場職員が町内を案内する「みやしろ初めてツアー」では、ご家族連れの移住希望者から「校庭は開放されていますか?」というご質問をいただくことがあるそうです。子どもたちが走り回れる環境が少ない都会暮らしの方が、ちょっとした小道や自然の中で子供たちが遊ぶ姿をご覧になったら、「東京から近いのに、こんなに違う?」とびっくりされるかもしれませんね。

個人経営のこだわりのお店を発見したり、自然の中のアートに触れたり。
田植えや野鳥観察などの自然体験プログラムに参加したり、芝生広場や雑木林で開催されるマルシェでお買い物したり。興味があれば、それらのイベントの運営をお手伝いしたり。
宮代町の魅力のひとつは、“自然や地域コミュニティとのちょうどいい距離感を選びやすい”ところ。

東京から近い「自分にとってちょうどいい田舎暮らし」を模索されている方は、宮代町の定住促進サイト「みやしろで暮らそっ」を覗いてみてください。町内の暮らし、働き方、お店、移住者インタビューなどのコンテンツが非常に充実しています。町に遊びに行ったかのように錯覚するほどの情報量です。読むと心がほっこり温まるようなコラムも多数あるので(個人的に「ぬいぐるみお泊り会」「宮代暮らしvol.8 竹」が好きです)、お疲れモードの方も気分転換を兼ねてご覧ください。

「住むなら埼玉」移住サポートセンター 移住相談員

佐野

プロフィール

埼玉県春日部市出身。都内の大学を卒業するまで埼玉県で過ごす。法人向けアパレルメーカーの営業・人事、人材紹介会社のキャリアアドバイザー経験を経て埼玉県移住相談員になる。

相談員から一言

埼玉県に移住、と言われてピンとこない方もいると思いますが、「そんなことはない」と声を大にして言いたいです!
「仕事は変えずに田舎暮らしがしたい」「おだやかな天候の地域に住みたい」「自分で育てた野菜を子どもに食べさせたい」・・挙げたらキリがないくらい、埼玉県には、色々な”叶えたい暮らし”を実現できるステップが用意されています。移住すべきかどうか?というところから考えるお手伝いをします。お気軽にお越しください。