地域のトピックス

\くずまきヒュッゲ・オンラインイベント開催/

葛巻町(くずまきまち)をご存じですか?

岩手県の県庁所在地・盛岡市から車で1時間半、白樺が自生する美しい町、葛巻町
標高が高く、高原ならではの景色が楽しめます。
町のスローガンは「北緯40°ミルクとワインとクリーンエネルギーのまち」。
人口より牛の方が多いくらい酪農が盛んな地域で、くずまき高原牧場の牛乳と飲むヨーグルトのおいしさは格別です。特産の山ぶどうで作られるくずまきワインは国産ワインコンクールで受賞歴があり全国的にも人気です。風力や太陽光、畜産の排泄物や水力などを生かしたクリーンエネルギーの導入に取り組む地域でもあります。
また、岩手県内でも特に移住に力を入れている地域で、新しく住みやすい定住促進住宅を町が準備していたり、UIターン奨励金などの支援が充実しています。※詳細はこちら

とはいえ、まずは移住の前に地域を知りたいな…とお思いの方に朗報!
オンラインイベントや移住体験ツアーも実施されます。

オンラインイベントは10/25(日)に開催

葛巻町は日常の暮らしの様子をInstagramFacebookで「くずまきヒュッゲ」と題した情報発信を行っています。「ヒュッゲ」とは、デンマークの言葉で「心があたたまる時間」「居心地の良い場所」という意味だそう。日々の情報で居心地の良さを感じてみてください。

SNSでちょっぴり予習した後は、10/25(日)は「くずまきヒュッゲオンライン交流会」にご参加ください。温かいくずまきのみなさんとほっこり交流しませんか。
http://travel-link.jp/archives/18270
※まだ申し込みが間に合いますので、お気軽にどうぞ!
イベントのお申し込み・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

いわて暮らしサポートセンター 移住コンシェルジュ

三浦

プロフィール

岩手県雫石町出身。高校卒業後、進学のため上京。2015年4月より「いわて暮らしサポートセンター」移住コンシェルジュをつとめる。趣味は、岩手にゆかりがある、もしくは岩手が好きな「人」に会うこと。

相談員から一言

雄大な自然に囲まれた岩手県では、素朴で温かい人々が代々受け継いだ暮らしの知恵を生かして丁寧に暮らしています。土ととも生きること、自然の中で子育てすること、海とともに新しいチャレンジをすること・・・ご自身が求める「こだわりの暮らし方」を実現できるフィールドが広がっています。かつて宮沢賢治が心の中の理想郷とした「イーハトーブ」で、これからの生き方を探してみませんか?いわて暮らしサポートセンターがお手伝いいたします!