地域のトピックス

神戸が愛されるヒミツ!神戸移住のススメ①(神戸市×SUUMO特別企画)

神戸を移住先として検討する際、「どのエリアがいいの?」「どんな暮らし方ができるの?」「どんな人が生活しているの?」という事をよく質問いただきます。神戸に住んだ事がある方は、その住み心地は既にご存知だと思いますが、そうでない方の神戸のイメージと言えば「都会的」「山も海もある」「お洒落」などなど。その全てが正解なのですが、まだまだそれだけではありません。

そんな方のために、今神戸市内ではリクルートが運営する不動産情報サイト「SUUMO」との連携で特設ページが開設され、スタンプラリー企画が行われています。参加特典も気になるところではありますが、ページ内では「愛される街・神戸のヒミツ」として神戸初心者の方にもわかりやすく魅力が紹介されていますので、こちらでも少し紐解いていきたいと思います。

Love Kobe 神戸が愛されるヒミツ 特設ページ(SUUMO)

神戸が愛される理由を紐解く

特設ページでは「神戸が愛される理由を紐解く」として、3つの視点からみた神戸の魅力が語られています。一つ目は<神戸市在住の女性たちに聞いた 神戸を好きな理由>

8~30年以上の神戸在住経験を持つ5名の方が、それぞれの住んでいるエリア目線で見た神戸市の魅力について語られています。面白いなぁと思ったのが「個性豊かな9区の魅力」。各区のキャッチコピーが付けられているのがとても面白いです。

でも、ここふるさと回帰支援センターでご説明するときも伝えるのが難しいなぁと感じているのですが、このキャッチコピー一言で区のようすを表すことが出来るかと言うと、そうではありません。例えば「海辺のリゾートタウン」と表現されている垂水区だと、確かに海が近くてリゾートっぽい側面もありますが、庶民的な商店街や豊富なバス路線が魅力でもあり、見晴らしの良い高台の住宅地もあります。そんなふうに、見る角度によって良さが全然異なるのです。

そういう意味では、その次の<神戸が人を惹きつける理由>で紹介されている「多様性」がとてもしっくりくるかも知れません。街全体でも、洋館・中華街・オフィス街に商店街と、様々な文化がとても美しくまとまっている印象があるのですが、ライフスタイル自体も同じです。海を眺めながらランニングすることも、仕事前に山登りすることも、農業体験やくだもの狩りをすることも出来るので、ON・OFFを十分に楽しむことが出来る多様性が市全体にあります。各区の魅力も、特色はありますがそれひとつではない、そんな感じでしょうか。

移住者にも心地よい理由

3つめに紹介されているのは、結婚を機に関東から神戸に移住してきたという保育士起業家の女性。移住という面では、異なる地域を俯瞰的に見たうえで神戸を選ばれた、ということでとてもイメージしやすいと思います。特に、観光でしか神戸を知らなかったけれど、何度も滞在するうちに「神戸にいるだけで自分が元気になっていることを体感できた」というお話は、移住検討されている方にとってすごく参考になる内容なのではないでしょうか。自然体で暮らせる・人との距離感がちょうど良い・居心地がいい、神戸での暮らしがイメージできるリアルな声ですよね。

ぜひ、その続きはこちらの「Love Kobe 神戸が愛されるヒミツ」のページでご覧ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<新しい暮らしを神戸から 住まいのスタンプラリー>
神戸でお住まいを探される際、分譲マンションでご検討されている方は、ただいまSUUMOと連携でのモデルルームのスタンプラリーを行っています。神戸市内の対象モデルルームのうち2件に行くと抽選で参加特典もあるようです(神戸SELECTION選定商品やFARMCIRCUSオリジナルグッズ、市内施設の入場チケットなど)。ご興味にある方はぜひご参加下さい。
スタンプラリー用特設サイト

 

ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!