地域のトピックス

【長崎県】明治日本の産業革命遺産 ガイドアプリパスポートのご紹介

こんにちは。
ながさき移住サポートセンター移住相談員の浅野です。

世界遺産を旅しよう!
皆さんは日本に世界遺産がいくつあるかご存知ですか?

世界遺産は「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」の3種類に判別されます。
それぞれの説明はまた別の機会に改めるとして、
2017年6月現在、日本には16の「文化遺産」と4の「自然遺産」、
全部で20の世界遺産が登録されています。

その中の一つ、日本では19番目となる2015年7月に登録された文化遺産
「明治日本の産業革命遺産」は、8県11市23の構成資産より登録されています。

長崎県はこの内に、下記の8施設が構成資産になっています。
1.端島炭鉱(軍艦島)
2.高島炭鉱
3.旧グラバー住宅
4.三菱長崎造船所 小菅修船場跡
5.三菱長崎造船所 第三船渠
6.三菱長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン
7.三菱長崎造船所 旧木型場
8.三菱長崎造船所 占勝閣

「明治日本の産業革命遺産ガイドアプリパスポート」は、23の構成遺産にまつわる、
産業国家日本の産業革命遺産ルートを周遊しながら、深く、楽しく学べるガイドアプリです。
こちらのアプリを使って、長崎県内の産業革命遺産を旅してみてはいかがでしょうか。
ぜひ、ダウンロードしてみてくださいね。

明治日本の産業革命遺産 ガイドアプリパスポート

●移住のことなら
ながさき移住ナビもあわせてご覧くださいませ

ながさき移住サポートセンター 東京窓口 相談員

山田

プロフィール

長崎県長崎市出身。元ブライダルカメラマン。
現在4歳の息子がおり、都会での育児を体験したことで、長崎の子育て環境の良さにも気付くことができました。移住を検討している子育てママのご相談もお待ちしております!

相談員から一言

長崎県は地域によって地形も文化もさまざまで一言では伝えきれない魅力があります。一度、長崎を旅して美しい景観や県民性に触れてみて欲しいと思います。
長崎県に移住をお考えのIターンの方もUターンの方も、ながさき移住サポートセンターをぜひご利用ください!