地域のトピックス

【松田町】やどりきアクティビティ

松田町の関係人口関連事業から生まれた「やどりきアクティビティ
松田町の北側に位置する、深い深い自然の寄(やどりき)地区をフィールドに
地元ハンターと共に山歩き(トレッキング)をしたり
家族で流しそうめんを楽しんだり
芋を掘ったり、竹飯ごうでご飯を炊いたり
無農薬みかんを収穫して生絞りなど
いろんな”楽しい”を企画してくれています

やどりきアクティビティ ホストのおひとり池田さんも、先輩移住者さん
私の元へ移住の相談にいらして、自然豊かな地域での営みを希望されていました
松田町の寄(やどりき)地区をご紹介したのですが、そこからは早かったですねぇ
彼女の行動力は本当に凄い!
移住後もご自身が移住する際に苦労したことから「移住を希望する人の助けになりたい」
と移住セミナーのゲストスピーカーとして登壇してくださったりもしてくれています

そんな池田さんが最近OPENさせたカフェ「たなーたん


店内の家具も池田さんが作った物
「流木を中津川から拾って作ったり。 テーブルの木材は頂いた物を製材してもらって作りました。テーブルが一番たいへんでした。けやきで重いんです。」と本人談

ちまたのインド料理とはちょっと違う、本格的なインドの家庭の味が食べられるんですって
野菜をたくさん使った身体に優しい、毎日食べても飽きないカレー
大人気で売り切れ必至!!
確実に食べたい方は予約して行ってくださいねぇ☆

という事で、やどりきアクティビティに参加して
たなーたん」で池田さんのお料理を食べて
自然豊かな寄(やどりき)地域を味わってみてください!
寄(やどりき)とのご縁が繋がることでしょう☆

ちょこっと田舎・かながわライフ支援センター 相談員

栁沢・小島

プロフィール

栁沢:伊豆諸島の新島にて15年間の移住生活を経験。島ではフリーランスでアート関係・環境保全活動・都立高校の非常勤講師・介護予防事業・漁師の手伝い・島おこし等々マルチインカムな生活スタイル。20年以上使われていなかった店舗を借りてアトリエにしたり、石造りの古民家を借りて住んだりとセルフリノベーションも経験。こんな私だからこそ伝えられる事があると2016年4月「ちょこっと田舎・かながわライフ支援センター」相談員に着任。

小島:ふるさと回帰支援センター内での事務アシスタントを経て、「地元神奈川県のことをもっと知りたい、魅力を伝えたい」と思い、2020年4月よりかながわ暮らしのコーディネーターに着任。
健康面も気になりますが、おいしいものに貪欲なところは変えられません。

相談員から一言

栁沢:ローカル線の車窓にはのどかな田園風景が広がり、無人駅を降りると見えてくる商店街はまさに昭和の風景。そんな田舎が神奈川にも在ります。
また環境省が選定した日本の名水100選、その中でもおいしい水部門第1位はなんと神奈川県の秦野市に在る湧水郡。水がおいしいというのは豊かな自然の象徴ですし、県内各地に今でもホタルが見られる地域が残されています。そんな水で育てられた野菜やお酒は美味しい上に安心で安全に決まってます。
神奈川県は交通網が発達していて生活の利便性も高いのに車で10分も走ると海や山という地域が殆どですからまさに『ちょこっと田舎』なわけです
大都会から田舎まで見事に揃った神奈川県ですから、移住先としては好きな地域を選びたい放題です。

小島:海、山、川、温泉もある神奈川県。横浜・川崎の都会な面と、歴史のある街、鎌倉、小田原。真冬でもサーファーたちが自転車で海に向かう藤沢・茅ヶ崎・葉山。スイカや野菜の直売所が道路沿いにたくさんある三浦。海老名、平塚の苺、伊勢原の梨など神奈川にはまだまだおいしいものがたくさんあります。ちょこっと田舎のかながわの魅力をお伝えしながら、移住へのお手伝いができればと思います。