地域のトピックス

\2020年度は群馬で/林業就業支援講習

(厚生労働省 林業就業支援委託事業)

全国30か所で行われている「林業就業支援講習」が今年はぐんまでも開催されます。

▼林業就業支援事業では,,,

https://kikori-wk.jp/
林業への就職を希望する方に対して、事前に林業に関する
十分な情報と知識を付与する講習(林業就業支援講習)を実施するとともに、就職相談等の支援を行います。

講習は1日・5日・20日と3つのコースに分かれており、ご自身が興味のあるレベルから受講することができます。
講習料はなんと無料

△1日講習は、現在オンライン受講が可能になっています!
初心者向けに設定されているとのことですので、「林業ってどんな仕事?」という方は
まずはコチラがおススメです(▶お申込みページ

今年度ぐんまで行われるのが△20日講習
群馬県の前橋市みなかみ町で行われます。

前橋市
って?,,,人口県内2位、「行政のまち」県庁所在地のある文化と改革の街
Cittaslow!
“スローシティ”の国内2番目の都市でもある、自然とよい食で豊かな生活を目指す。
みなかみ町
って?,,,群馬の最北部・新潟県に隣する「アクティブタウン」。
SDGs未来推進都市にも県内唯一選ばれ、テレワーク施設も揚する、雪あるホットな町。

=====
前橋市・みなかみ町ともに「自伐型林業」の担い手も活動されており、
まだまだ知られていない※、将来の森を活かす働き方をしている先輩移住者もいます。

※自伐型林業,,,林業参入へのハードルが低いとも言われている、専業・兼業、6次産業化、森の多目的活用化(森業・山業)と組み合わせた多様な事業展開が出来る、個人事業主としての林業就業。
詳しくは「自伐型林業推進協会」をチェック!→ZIBATSU

=====
林業には興味がある、でも「何から始めたらいいのか」「今から勉強は難しいのでは,,,」
「まわりに林業をやっている人なんて居ない」「キツそうな仕事だよね,,,」
いろんな心配事があると思いますが、まずはご自身でできる所から徐々にスタートしてみませんか。
キツそうなイメージは、実際に体感してみないと分からないことも多いので
本気で林業をやってみたい方は、このような体験講習から段階的に始めてみてはいかがでしょうか?



=====
群馬県への林業就業については「群馬県林業労働力確保支援センター」が相談窓口となっています。
一般財団法人群馬県森林・緑整備基金
(群馬県林業労働力確保支援センター)
027-386-5901
grrkss@mint.ocn.ne.jp
=====
「森林で働くという生き方」応援します!
フォレスト・キャリア・サポート
田村 美恵子※当センターにて資料配布中

ぐんま暮らし支援センター ぐんま暮らし相談員

藤田・上原

プロフィール

藤田:生まれも育ちも群馬県高崎市。地元の大学を卒業後、旅行会社に勤め前橋営業所勤務からスタートし、東京転勤を機に東京定住となった。旅行会社を卒業後、ぐんまちゃん家で観光案内員の仕事をしたご縁で現在の相談員となる。

上原:群馬県安中市出身。高校まで県内の関東平野で暮らす。「雪のある土地で暮らしてみたい」と秋田県の美術短大で下宿生活を送った後、工芸職の仕事を求め愛知県で就職。その後、群馬に住む家族をサポートするため東京で転職し、安中市磯部温泉でのボランティア活動を通じ地方移住を考える。2020年4月より「ぐんま暮らし支援センター」相談員として着任。

相談員から一言

藤田:ぐんまの魅力は、5つあります。都心からの距離感(100キロ・1時間)、交通網の充実(新幹線・高速自動車道・5つの鉄道)、豊富な水資源・長い日照時間により全国有数の農業県、全国2位の物価の安さ、そして強固な地盤に守られた安心安全な土地柄、子育てに最適です。一度おいでください。

上原:首都圏と農村地の両方に手が届く群馬県は、「ちょうどいい」暮らしができる土地です。海はないけれど、川の恵みを受けた豊かな農作物がとれるほか、「上毛三山」に代表される自然も絶景です。何気ない日常を送る中で「ちょっといいぐんまの魅力」があります。仕事も遊びも選んで生きていける、選択肢が豊富な群馬県での暮らしを一緒に考えませんか?