地域のトピックス

ふくい“住”人シリーズvol.6 ~志野佑介さん(福井市)~

海辺の百笑(百姓)~志野佑介さん(福井市)

4回連続「幸福度ランキング日本一」の福井県には、17市町の個性ある暮らしがあります。
そこで暮らす人たちが培ってきた地域力・“生”活力・県民力こそ「ふくいの魅力」
その魅力について、移住された人を紹介することで知っていただければと思っています。
本シリーズ第6弾として、“福井移住人”(ふくいいじゅうびと)
福井市の志野佑介(しの・ゆうすけ)さんをご紹介します。

◇どうして移住したのですか?
途上国での農業支援を学べる東京農業大学で長期NGO活動をしたり、
仲間たちと半農半学生暮らしをしていくうちに、生きていくための百の仕事が
できる百姓に憧れ、卒業後に関東で10年農業をしていました。
その後、福井に知り合いのツテで行き、出会った古民家、山、田畑を購入しました。
ここには地域を盛り上げようと頑張っている素敵な仲間たちがいたことや、
海と山のダブルの豊かさがあることが移住するきっかけとなりました。

◇今住んでいる町、その土地の魅力は
海も山もすぐそこにある豊かな海岸沿いや、どこからでも見れる夕日は絶景。
メイン通りから山側に入った山上の道からの日本海を見下ろす景色は、最高です。
越前海岸の魅力は言葉では語れません。写真でも映像でもまだ伝わらないと思っています。
来ていただいて、できれば長くいて暮らすように旅していただくと、この地の本当の
魅力、豊かさを実感してもらえると思っています。

◇現在の仕事や活動について、また将来の夢について
地域の資源を生かす「百笑」(ひゃくしょう)をしています。
農業や漁業はじめ、山も畑も海もある宝物のような場所なので、
今年2020年には製塩も始めました。
ここでは毎日、美味しいものが食べられます。
この海と山の豊かさをいただいて暮らす百姓になりたいと思っています。

◇移住を検討する方へ助言することがあれば
先ずは現地に来てみて、通える人との繋がりを作ることではないでしょうか。
最後は、自分の直感と覚悟をもってだと思います。

◇移住年・出身・家族構成・職業等
2017年移住。長崎県出身。5人家族。海辺の百笑。農業・漁業。

*地域を盛り上げようと頑張っている素敵な仲間たち「福井市越前海岸もりあげ隊」については、
下記ウエブサイトをご覧ください。
https://discoverechizen.com/

今回ご登場の移住者や福井市の移住や地域のことに関しては、下記にお尋ねください。
福井市移住定住推進室 TEL:0776-20-5514 MAIL:iju@city.fukui.lg.jp
福井市定住促進ポータルサイト: http://www.city.fukui.lg.jp/sisei/plan/connect/teiju.html
越前海岸には、ワーケーション推進の拠点として「日本海まで徒歩0分」のサテライトオフィスもありますので、併せてご案内します。
越廼サテライトオフィスhttps://www.city.fukui.lg.jp/sigoto/syoukou/tsinkou/koshinofurutele.html

ふるさと福井移住定住促進機構東京オフィス 福井県移住相談員

神林

プロフィール

東京都文京区出身。「地方自治の振興に寄与する」ことを基本理念としていた出版社に勤務。企画部門時代に、47都道府県の各地で地域振興に関わる仕事を経験。その後、表参道で新潟県の移住相談を務め、2018年4月から「ふるさと福井移住定住促進機構東京オフィス」の相談員となる。

相談員から一言

「全47都道府県幸福度ランキング」にて、2014年、2016年、2018年と3回連続「幸福度日本一」となった福井県。これら3回の評価のもととなっている地域力と県民力こそが、他県と一味違う「ふくいの魅力」です。
自慢の海、山、川、里、雪などの天然自然の恵み、ものづくり力や“生”活力など、17市町の個性ある暮らしを皆さんの眼と身体で感じてみてください。