地域のトピックス

しろいし農業塾 第4期 研修生募集中

\しろいし農業塾 第4期生を募集します/

佐賀県白石町では、地域農業の担い手として農業を営む志のある方を長期にわたり育成してきました。今年も「しろいし農業塾」の第4期生を募集し、令和3年の5月1日から令和5年の6月30日まで、農業人としてスムーズにスタートできるようサポートしてくれます。
研修で扱ういちごの品種「いちごさん」は、7年の歳月をかけて、15,000試験株から選抜された佐賀県独自の品種です。
詳しくは「いちごさん」のページをご覧ください。生産者・開発者のインタビューを見ることができます。
https://www.saga-ichigosan.jp/

研修期間について

しろいし農業塾の研修期間は、令和3年5月1日から令和5年6月30日までの2年2か月。研修と言えば、2年間、あるいは3年間という年単位の期間を良く目にしますので少し半端な気がしますね。
この2年2か月はいちごの収穫時期に関係があります。
せっかく丹精込めて育てたいちご、収穫までして卒業してほしい。サポートしてくれる皆さんの間伝わります。

生活費について

研修を開始するにあたり、「農業次世代人材投資事業(準備型)」の申請を行い、承認されれば年間最大150万円の支給を受けることができます。とはいえ、申請には手続きが必要です。農業塾が手続きをサポートしてくれるので安心して取り組むことができます。

資格要件

普通運転免許や簡単なパソコン操作、また自己資金など、独立した時に困らないように事前準備が必要です。お申し込みの前に是非、白石町役場のページでどんな要件があるのかご確認ください。
また、ページ内で申込書、契約書、履歴書などの申請書類をダウンロードすることができます。お問い合わせはお電話でもどうぞ。
白石町役場 農業振興課
Tel 0952-84-7121
https://www.town.shiroishi.lg.jp/chousei_machi/nousanshou/sangyou_shinkou/_2465.html

ふるさと回帰支援センターでご相談いただいた方がこの研修を経て、現在は白石町でいちご農家として独立されています。白石町の担当者が住まいのお世話から農地のことまで親身に相談にのってくれたと伺っています。
しろいし農業塾に関する資料は、ふるさと回帰支援センター佐賀県窓口にも設置しております。いちご農家になりたい方は是非お問い合わせください(090-1657-8205 矢野)。心よりお待ちいたしております。

さが移住サポートデスク 移住コーディネーター

矢野

プロフィール

佐賀県佐賀市で小・中・高校の12年間を過ごす。福岡の短大に進学後、ワードプロセッサのインストラクタとして勤務。結婚を機に夫の東京転勤にともない千葉県浦安市民に。2人の子育てをしながら、IT関係に従事。2016年7月より「さが移住サポートデスク」の移住コーディネーターとなる。

相談員から一言

都心に近い場所で子育てをしてみて、思い出すのは佐賀市で過ごした幼少期。きれいな川で魚をとったり、れんげ畑で花飾りを作って時間の経つのも忘れて遊んだ日々。高校卒業30周年イベントで久しぶりに帰った佐賀は、きれいな街にはなってはいたものの、まだ自然がたっぷり。こんな場所で子育てできたら、という思いを改めて強くしました。福岡、長崎へのアクセスも便利で、教育にも熱心な佐賀県。多くの海、山の名産品と奥深い文化・芸術を是非皆様にお伝えしていきたいと思っています。