地域のトピックス

「イケメン水産課ルーキーがいく」の動画 Vol.1&Vol.2 

Vol.1「滋賀県水産課新人が『コアユの佃煮』作ってみた」

滋賀県水産課では、琵琶湖の味覚や琵琶湖漁業の魅力などを紹介する動画コンテンツ「水産課ルーキーが行く!」の配信を始めました。
嵐のメンバーの櫻井 翔さん似とも言われる、”イケメン”の新人職員が、湖魚の「おいしい!」や琵琶湖漁業の「なるほど!」など、琵琶湖産魚介類の魅力をご紹介します。
動画は⇒こちらです。
自炊経験ゼロの水産課ルーキーが、コアユの佃煮の作り方をご紹介。 果たして料理初心者でもおいしく作れるのか?!.....「できたては、身が柔らかく、ほくほくで格別で、簡単に作れるので、試してほしい」と湖魚の魅力をPRしました。小鮎の佃煮、作ってみたくなります。

Vol.2 滋賀県水産課の新人が『えり漁』見に行ってみた

動画は⇒こちらです。

えり漁・大津市

琵琶湖八珍

「琵琶湖八珍」は、琵琶湖の特徴的な魚介類である、ビワマス、ニゴロブナ、ホンモロコ、イサザ、ゴリ、コアユ、スジエビ、ハスの計8種で構成しています。平成25年末、県立安土城考古博物館が来場者への湖魚料理人気アンケートを基に供給量など考慮して選定したものです。
こちらです。

 

                   朝焼けの漁 高島市

                       沖島(近江八幡市)
写真提供:(公社)びわこビジターズビューロー

しがIJU相談センター 相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。