地域のトピックス

富士山の伏流水を琵琶湖へ!? 近江八幡で「お水返し」

                                    琵琶湖 (空撮)

国内唯一の夫婦都市協定を結ぶ近江八幡市と富士宮市。

富士山の湧き水を琵琶湖に注ぐ「お水返し」の行事が8月24日、近江八幡市長命寺町の水ケ浜でありました。きっかけは、「大男が近江の土を掘って一晩で富士山をつくり、掘った跡に水がたまって琵琶湖ができた」という伝承にちなんだ交流から始まっているそうです。
なんと琵琶湖と富士山がつながっている!!ロマンを感じます。

                               近江八幡・新町通り

富士と琵琶湖を結ぶ会

「お水返し」行事は、近江八幡市の「富士と琵琶湖を結ぶ会」が1957年(昭和32年)から続けています。同会は毎年、美しい水で知られる水ケ浜の湖水を富士山頂に奉納していますが、今年はコロナ禍で登山道が閉鎖され、富士登山は中止に。深尾勝義会長らは7月11日、湖水をくみ取る「お水取り」を行い、7月28日、富士山本宮浅間大社を訪れて献水しました。その際、静岡県富士宮市の須藤秀忠市長や観光団体関係者らに迎えられたとのことです。そして、8月24日、同大社境内の湧玉池でくみ取った富士山の伏流水をゆっくりと湖へ注ぎました。会長は、「コロナ禍で富士宮との交流の規模は大幅に縮小となったが、先人たちが続けてきた行事が途切れることなくできて、ほっとしています」と話されていたとのことです。

                               近江八幡湖岸の夕景
写真提供:(公社)びわ湖ビジターズビューロー

しがIJU相談センター 相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。