地域のトピックス

京都出張に行ってきました!!

京都移住コンシェルジュに着任しました榎本です!
京都の移住を考えている方にしっかりご案内ができるよう、京都府内の関係者の方に挨拶に伺いました!2日間で計77名の方と名刺交換させてもらい、こんなに多くの方が、京都へ移住される方を応援しているのだと知り、心強く感じました!
今回は、2日間の出張の様子をレポートします。

≪1日目≫

京都府庁で関係者の方に挨拶し、車で山城広域振興局の木津庁舎を訪問。新名神高速道路の城陽JCT・IC~八幡京田辺JCT・IC間が開通し、第二京阪道路と京奈和自動車道が繋がったことでアクセスがしやすくなり、約1時間で到着です。
※山城地域・・・京都の南部にあたる宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、木津川市、大山崎町、久御山町、井手町、宇治田原町、笠置町、和束町、精華町、南山城村、の7市7町1村。
まずは、笠置町役場に到着です。

担当の方にご挨拶し、今年の4月に開設したばかりの相楽東部未来づくりセンターに訪問。相楽東部地域(笠置町、和束町、南山城村)の地域活性化の拠点施設で、今後相楽東部地域に移住を検討している方は、どこかでお目にかかるかも!?4名全員でパシャリ★

続いて、これも4月にオープンしたばかりの「道の駅 みなみやましろ村」を訪問。平日にも関わらず、駐車場には結構な数の車が・・・既に人気のスポットになっていました。中に入ると、地域でとれた野菜やお茶など様々な特産物が並んでいました。

南山城村は、京都府にありますが、地理的には三重県に近いので、特産物のなかに・・・
伊賀産の商品も並んでいました。実際に、南山城村に住んでいる方は、京都市方面ではなく、伊賀市方面に買い物に出かける方も多いそうです。

続いてお茶畑が広がる和束町。あいにく、良い写真が撮れませんでしたが、どれだけきれいな景色かというと、『日本で最も美しい村』連合に加盟していることからもうかがい知ることができます。
相楽東部地域から宇治に向かいます。道中は、最短の道を行くために、急勾配・急カーブの道で山越え。宇治市内に入ると、先ほどまでの景色からは一変、街。山城広域振興局の宇治庁舎に向かい、山城地域の移住促進を担当されている児島さんと瀨﨑さんに挨拶し、1枚パシャリ★

山城地域は、「お茶の京都」として地域をPRしています。今回たまたまラッピングカーに遭遇しました。

≪2日目≫

京都駅から電車で揺られること約45分。保津川下りで有名な保津川を眺め、田園風景のなか南丹地域の園部駅に到着です。
※南丹地域・・・亀岡市、南丹市、京丹波町の2市1町。
まずは、南丹地域への移住を促進している方が一堂に会する会議の冒頭に挨拶させていただきました。皆さんで1枚パシャリ★
定期的に行政職員の方だけではなく、NPO法人テダスの方も入り移住を推進するための会議が開かれています。この会議から多くのパンフレットや企画が生まれてきました。心強い会議です。

その後、日本海側の丹後地域に移動し、会議にお邪魔させていただきました。京都縦貫自動車道が開通したことで、丹後エリアへのアクセスが便利になっていました。
※丹後地域・・・宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町の日本海に面する2市2町。

その後、京丹後市役所の副市長や担当の方にも挨拶をさせていただき、昼食!初めて食べる沖ギス定食880円。丹後地域は、どのお店に入ってもハズレはない!と教えてもらったとおり美味しくいただきました。

与謝野町役場に到着。
与謝野町では地域おこし協力隊が活躍しています!窓口の福西さんもチラシを持ってしっかりパシャリ★(2017年の募集は2017年5月24日で終了しました)

伊根町役場に到着。建物がとてもおしゃれでびっくりしました。伊根町は、『日本で最も美しい村』連合に加盟されており、舟屋というとても特徴的な風景が広がっています。丹後地域担当の京都移住コンシェルジュの川中さんとパシャリ★

続いて最後の目的地の宮津市役所に到着です。
宮津駅に近く、先ほどまでとは違う市街の風景。こちらでも地域おこし協力隊を募集中とのこと。興味のある方は、是非チェックしてみてください!また、東京でも説明会を開催します!

【6月30日応募〆切】「海の京都」宮津市で地域おこし協力隊募集!大阪・東京で説明会も開催!

今回は京都府の南から北まで2日間でまわる弾丸出張でした。
京都府への移住相談窓口として、頑張っていきますので、よろしくお願いします!!

 

京都府移住相談窓口 京都移住コンシェルジュ

榎本

プロフィール

広島県広島市出身。大学時代を京都で過ごし、就職を機に上京。住宅資材流通の会社に勤めていたが、今の都会での暮らしをずっと続けるのは何かが違うと思い、退職を決意。地元に戻る予定だったが、縁あって京都移住コンシェルジュに就任。

相談員から一言

「京都」に行ったことはありますか?と聞くと、多くの方から「修学旅行で行きました!」「お寺が大好きで年に数回は行きます!」など、ありがたいお言葉を頂戴します。その一方、観光で立ち寄る京都市内から足を伸ばした郊外に関してはいかがでしょうか?
京都には、お茶畑が広がる地域もあれば、海産物の豊かな地域、原生林が広がる地域など様々な特徴ある地域があります。また、そこには地域の魅力に魅せられた移住者の方も大勢いらっしゃいます。京都での生活はどんなものだろう?どんな仕事をしている方がいるのだろう?少しでも気になった方は一度、センターへお越しください!観光に行くだけでは見ることのできない新しい京都を知ることができるかもしれませんよ!?お待ちしています!!