地域のトピックス

神戸を視察気分!映像で見る各エリア紹介

相談ブースにサイネージが登場しました!

「ふるさと回帰支援センター」には41都道府県と2市の相談窓口があるため、神戸市への相談ではなくてもこの前を通られる方が毎日いらっしゃいます。
※現在は、対面相談を希望される場合は事前予約制となります。詳しくはこちらをご確認下さい。

ちょうどこの時は「里山エリア」の映像を流していたのですが、中には立ち止まって見られる方も。実は、他県の相談員の方のなかにも、神戸や関西での在住経験やお仕事で訪問したことがあるという方が意外と多く、「やっぱり神戸は、綺麗で住みやすくていいね」と言ってもらえます。

もちろんブースには、各区のパンフレットや写真なども設置していますが、やはり動く映像で見るほうがより雰囲気が伝わるのでいいですね。

ここでは、いくつか動画を流しているのですが、実はセンターに訪問をしなくても映像は見る事ができます!コロナウイルス拡大の影響で、今年のお盆は帰省できずに関東で過ごすという方も多いかと思いますので(私のその一人です…)、エリアごとでご紹介させて頂きます。

都心エリア(中央区)
海と山がある神戸の中心地で、ここちよく快適な都市生活。

閑静な住宅エリア(灘区・東灘区)
落ち着いた雰囲気の「山手」は、一目置かれる憧れの住環境。

下町情緒エリア(兵庫区・長田区)
商店街、粉もん、銭湯、寄席、映画。娯楽に満ちた下町暮らし。

海辺のエリア(須磨区・垂水区)
広い空とキラキラ光る海を眺めながら、のんびり暮らす。

ニュータウンエリア(西神中央・名谷・鈴蘭台・岡場)
アクセスのよさと便利な施設、豊かな緑がそろった人気の住宅地。

里山エリア(北区・西区)
都心から近い便利な場所で、自然を楽しむ里山暮らし。

各エリア「KOBE address(神戸市公式移住ポータルサイト)」の紹介ページにリンクされていますので、ページに進んで動画やマップなどをご覧ください。動画はそれぞれ3~4分の映像にまとまっていて、全体の雰囲気は感じ取って頂けると思います。

雰囲気を見たうえで、もっといろいろ/と各エリアの特徴が知りたい!という方は、ぜひ気軽にご相談にお越しください(※当センターは8/10-17の期間中、休館となります。期間中に頂いたお問合せは8/18以降に順次ご対応させて頂きます)

ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!