地域のトピックス

「神戸市農村サポーター」募集しています。

神戸市では「神戸里山・農村地域活性化ビジョン」推進の一環として、農業や里山保全活動を支える「農村サポーター」を募集しています。
・毎年満員御礼
・東京からの参加でもOK
とのことですので、こちらでもご案内いたします。

スケジュールは全て土曜日に設定されていますので、お仕事をされながらの方でも参加しやすいコースです。「農業」って、ずっと気になっていたけれどなかなかキッカケがなくて…という方、実は多いのではないでしょうか。初心者の方でも始めやすく、しかも参加することで次のアクションが具体的にわかってくる、そんなコースです。ぜひ思い切って第一歩を踏み出してみては!

ところで「農村サポーター」とは一体どんなものなのでしょうか?

農業や里山暮らしに興味・関心のある方を、農業サポーターとして育成(研修にご参加いただきます)・登録するとともに、サポーターと支援を必要とする農家を結び、持続的に農業を応援する仕組みを作ることを目的としているもので、
・週末体を動かしたい
・農業に挑戦してみたい
・家庭菜園のスキルアップを図りたい
そんな方が農業サポーターにぴったりだそうです。

神戸は農村エリアと都市部・住宅エリアが近いので、「ニュータウンや近隣エリアに住みながら農村サポーターとして農業や里山保全に取り組む」こともできます。まさにコンパクトシティならでは、ですね。

今回の募集コースは全部で3つ(基本コースは西区・北区の2種)で、それぞれ目的や内容が異なりますので、ご希望の内容がどれにあたるかをチェックしてみてください。

申し込みや詳細は各コース、下記のリンクより。

基本コース(北区)
基本コース(西区)
本格コース(西区)
里山コース(北区)

申込期間:2020年7月29日(水)12:00~8月31日(月)17:30迄
参加費:5,000円
定員:25名(基本コース)/10名(本格コース・里山コース)※それぞれ先着順

神戸市HPより(農村サポーターを募集します)
お申込みはこちら(申込案内のページ)
農村サポーター募集チラシ

毎年、満員御礼となるコースのようですが、申込は「8月31日(月)まで」「先着」ですので、気になる!という方はお早めにお申し込みください。

ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!