地域のトピックス

『やまがた暮らし応援カード』事業をはじめます!

『やまがた暮らし応援カード』事業とは
移住希望者を対象に、協賛店からの各種割引サービスや特典が受けられる「やまがた暮らし応援カード」を発行し、移住時にかかる一時的な経費の負担軽減や特典を受けることができる事業です。

1 カードの交付を受けられる方
① 山形県外に在住している方で、相談窓口(ふるさと山形移住・定住推進センター、やまがたハッピーライフ情報センター)で移住相談された方
② 山形県外に在住している方で、山形県移住交流ポータルサイト「やまがた暮らし情報館」を利用して相談者登録をされた方
③ 山形県外に在住している方で、各市町村移住相談窓口で相談された方
④ 令和2年3月1日以降に県外から県内市町村に移住し、移住した日から1年以内の方(ただし、転勤・進学での転入は除く)

2 協賛店一覧(割引サービス・特典の内容)
詳細はこちらをご覧ください。

3 カードの有効期限
カードの交付日から3年。 ただし、令和2年3月1日以降に県外から県内市町村に移住し、移住した日から1年以内の方のカードの有効期限は、カードの交付日から2年とする。

4 お申込み方法
◆相談窓口(ふるさと山形移住・定住推進センター、やまがたハッピーライフ情報センター)で相談された方
→【申込方法】移住相談カードの相談窓口への提出
◆山形県移住交流ポータルサイト「やまがた暮らし情報館」を利用して相談者登録をされた方
◆各市町村移住相談窓口で相談された方
◆令和2年3月1日以降に県外から県内市町村に移住し、移住した日から1年以内の方(転勤・進学での転入は除く)
→【申込方法】相談窓口(ふるさと山形移住・定住推進センター、やまがたハッピーライフ情報センター)へのカード申込用紙の郵送、FAXまたはメールによる送付
※カードの申込用紙は近日公開予定

5 お申込み・問合せ先
【ふるさと山形移住・定住推進センター】
〒990-2492 山形県山形市鉄砲町二丁目19番68号(山形県村山総合支庁3階)
TEL📞  023-687-0777
FAX📠  023-687-0788
E-mail✉ furusato@yamagata-iju.jp

【やまがたハッピーライフ情報センター】
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階
TEL📞  03-6269-9533
FAX📠  03-6269-9534
E-mail✉ happy-life@yamagata-iju.jp

6 カード利用にあたってのお願い
・サービスは、協賛店のご厚意によって提供いただいております。
・サービス内容は、協賛店によって異なります。
・カードは、他人に譲渡、貸与しないでください。
・マナーを守ってご利用ください。

7 今後のスケジュール(予定)
2020年8月17日 : カード申込受付開始
2020年9月 1日  : 制度運用開始

やまがたハッピーライフ情報センター」移住コンシェルジュ

小倉・多田

プロフィール

小倉:大学院で工業デザインを学んだ後、全国の商店街の活性化支援に従事。補助金事務局の運営を担当する傍ら、絹にかかわるものづくりを研究。山形が絹と深くかかわっていることから、「やまがたハッピーライフ情報センター」の移住コンシェルジュとなる。

多田:山形県山形市出身。大学卒業後、都内企業に就職、その後山形県にUターン。東日本大震災支援団体、若者支援団体、山形県の移住相談を経て、2020年4月からふるさと回帰支援センター内、「やまがたハッピーライフ情報センター」の移住コンシェルジュに着任。

相談員から一言

小倉:山形の「おいしさ」と「あたたかさ」に魅せられて、県内各地を旅してきました。お米・野菜・果物をはじめ、おいしいものが溢れる山形は、温泉のぬくもりと同じくらい「人のあたたかさ」が感じられる場所です。移住は人生の大きな岐路、山形の「おいしさ」や「あたたかさ」があなたを支えます。お気軽に、山形ブースにお立ち寄りください。

多田:山形県は、気軽にアウトドアを楽しめる自然環境に加えて、大型遊具施設や子育て支援制度が充実しており、安心してゆったりと子育てしやすい環境が人気です。また、すべての市町村に温泉があるため、日常的に日帰り温泉へ行くことができるほど温泉に恵まれた県でもあります。食べ物も全国一の生産量を誇るさくらんぼを始め、果物、お米、海の幸、山の幸など、最高に美味しいものばかりです♪
ちょっとシャイで控えめだけど、世話好きで、優しい県民性も魅力の一つです。
山形での暮らしにご興味のある方は、ぜひ「やまがたハッピーライフ情報センター」に相談にお越しください!