地域のトピックス

神戸の区紹介 その⑥:長田区 下町情緒と、こなもんのまち

神戸の区紹介、第6弾は「長田区」です。
長田区は神戸市にある9つの中では一番面積が小さい区で、地図上では海側(南側)のちょうど真ん中あたりに位置します。JR・市営地下鉄の「新長田駅」があり、普通のみの停車駅ですが三宮まで約10分という距離で、都心部へのアクセスは抜群。

そして何より、長田といえば「下町情緒」「こなもん・お好み焼き」、駅前には大きな「鉄人28号」というイメージといえばわかりやすいでしょうか。神戸にもいろいろな顔がありますが、長田は特に下町情緒のあふれるまちです。

まずは、新長田の駅前にドーンとそびえたつ鉄人28号。全長15.3mもあるその迫力はJRの車内から見てもわかるくらいで、2009年の完成以来ずっと長田の顔として親しまれています。なんと、鉄人28号には特別住民票が交付されているそうです。

そして、上の写真でもわかるように「こなもん」つまりお好み焼きやそば焼き(焼きそば)のお店がたくさん集まっており、「そばめし」発祥地なので、どのお店にいってもメニューにはそばめしが並んでいます。また焼き肉屋も多く、どのお店も美味しいので食べ尽くすにはもちろん1日では足りません。
そばめしについては、以前紹介したこちらの記事も合わせてご覧ください。

また、長田は阪神・淡路大震災で大規模な火災被害に見舞われた地域です。今は、震災後に新しく整備され、鉄人28号を中心に活気があふれ、レトロな雰囲気の漂う商店街もあり、いろいろなものが共存しているエリアでもあるといえます。なので、今まで紹介してきた里山や農村エリアとはまた全然雰囲気が異なりますが、世にいう「神戸っぽい」をいい意味で裏切る魅力がたくさん詰まっています。

ぶらぶら歩きながら商店街やお店を巡って、まちの人たちとのコミュニケーションを通じて良さを感じとるのはいかがでしょうか。移住先としても、とっても魅力のあるエリアです。

長田はこんなまち(神戸市HP)

ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!