地域のトピックス

和歌山県高野町で「山奥暮らし」を体験しませんか?

世界遺産・高野山の奥、和歌山県高野町筒香(つつが)地区で山村の暮らしが体験できるツアーが開催されます。
マチでは味わうことができない非日常の世界を見たり、体験したりできるメニューが6月・8月(いずれも1泊2日)と準備されているようです。

6月のツアーでは、田舎ならではの作業や川遊び、市場に出回らない季節限定のミョウガタケ(ミョウガの新芽)料理が食べられます!夜は「暗闇さんぽツアー」(ホタルが見られるかも!?)も企画されているとのこと。

朝から晩まで、まるごと筒香の暮らしが体感できそうですね。

ご興味のある方は、いなか伝承社(高野町地域おこし協力隊・田中さんが運営)Facebookページをご覧ください。

-----------------------------
\わかやま暮らしのご相談は、わかやま定住サポートセンターまで/

03-6269-9883 ✉wakayama1@furusatokaiki.net(月曜・火曜・祝日定休)
和歌山移住ポータルサイト【WAKAYAMA LIFE】もご覧ください。

わかやま定住サポートセンター 移住アドバイザー

角田

プロフィール

福岡県北九州市出身。小学校入学のタイミングで和歌山県和歌山市に引っ越し、それ以降、和歌山県内で暮らす。2016年4月より和歌山県職員。「ふるさと回帰支援センター」内の「わかやま定住サポートセンター」に移住アドバイザーとして21年4月に着任。
好きな寿司ネタはマグロ。おにぎりの具はツナマヨが大好き。実はマグロが有名な県で、県の魚に選ばれるほどなんです!

相談員から一言

今、和歌山が熱いんです!2020年には当センターの移住希望地ランキングのセミナー部門で第1位になりました。21年度中に串本町で民間ロケットの発射も予定されており、今、全国的に注目されている熱い県、それが和歌山です。
本州最南端の潮岬がある和歌山は黒潮の影響を受け非常に温暖な気候です。気候が温暖ならば人もあたたかい。そんな和歌山で”和み”暮らしを満喫しませんか?ぜひわかやま定住サポートセンターまでお気軽にお越しください。