地域のトピックス

神戸の区紹介 その⑤:須磨区 海と山と歴史と住宅地と。

神戸の区紹介、第5弾は「須磨区」です。
神戸市の西部に位置し、海水浴場があることから関西では「須磨=海」のイメージが強いエリアなのですが、もしかすると神戸の中でいちばん山・海・住宅地が揃っている区かも知れません。しかも歴史も観光スポットもあり、魅力がギュッと詰まっているのが、この須磨区です。

まずは海について。ガイドブックなどでも海が多く紹介されており、マスコットキャラクターの「すまぼう」も須磨の海に住む「うみぼうず」、神戸の小中学生は必ず一度は行ったことがある「須磨海浜水族園(スマスイ)」と、やはり須磨の顔は海!
須磨区マスコットキャラクターすまぼう(神戸市HP)…LINEスタンプもあります

今年は残念ながら開設中止となりましたが、毎年夏になると海水浴場に多くの人が訪れます。大阪から約40分、三宮からは約20分という近さで、関東でいうところの「湘南」に近いイメージでしょうか。

ただ湘南と違うところは、海のすぐ後ろにはもう「山」があるのです。ロープウェイで山頂に登れば景色も抜群で、海と山の近さという点では北海道の函館や、静岡の下田にもイメージが近いかも知れません。
須磨浦山上遊園

これらの海側(須磨浦)とは対照的に、山(須磨アルプス)を越えた北側の北須磨エリアにはニュータウンが広がっています。神戸市営地下鉄の沿線である妙法寺、名谷、総合運動公園あたりは商業施設も充実しており、自然とまちが調和する閑静な住宅街です。

また歴史をさかのぼると、平安時代末期の源平合戦における一ノ谷の戦いの舞台としても有名です。当時のゆかりの場所も数多く残っていますので、歴史好きな方は「まち歩きマップ」を片手に歩いてみるのも面白いのではないでしょうか。

他にもプロスポーツを観戦できるスタジアムやアリーナ、下町的な活気のあふれる板宿エリアなどまだまだ魅力のある須磨。それはまた、次の機会に。

ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

 

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!