地域のトピックス

今、注目されている神戸での里山暮らし

Withコロナ時代の神戸の里山暮らしについて、先日 7月8日(水)に関西のテレビ大阪「やさしいニュース」で放送されました。

内容は「ちょっと都会な田舎…再び注目の里山暮らし」というもので、コロナ禍以降に再び注目されはじめている神戸市北区での里山暮らしについてが紹介されています。

放送で紹介された動画はこちらでご覧になれます:約7分半(テレビ大阪のサイトに移動します)

<この動画で紹介されていること>
・なぜ、第3の「BE KOBE」モニュメントが神戸市北区の山の中に?
・淡河宿本陣跡(淡河地区)の古民家カフェ
・ファーマーズマーケットで販売されている新鮮な野菜
・移住相談所(農村定住コーディネーター)での最近の傾向
・大沢地区での古民家暮らしのようす
・移住者が語る神戸の里山の魅力とは?

動画の中で移住経験者の石田さんがお話されているように、都市と農村が近いことで「里山暮らしを仕事を変えずにできる」「田舎の不便さを感じない」ということが神戸の里山の最大の魅力ですね。

実は、緊急事態宣言が解除されて少し落ち着いていた6月中旬、私も神戸の里山に出張に訪問させて頂きました。木製の「BE KOBE」モニュメントは少し時期が早く実物を見ることはできませんでしたが、ファーマーズマーケットでの「とうもろこし」収穫は、こんな都心の真ん中で体験できるなんて、まさに神戸ならでは。

*とうもろこしを収穫中の神戸市東京事務所職員 Kさん

*木製「BE KOBE」にお目にかかれるのは、次回へおあずけ(これはこれでレアな状態ですね)

「神戸・里山暮らしのすすめ」のホームページはこちらから
農村定住コーディネーターに直接ご相談も可能です。

ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!