地域のトピックス

魚津市出身、県外在住の学生さんへ ふるさと魚津発県外学生応援事業

新型コロナウィルス感染症の影響を受けている、魚津市出身で県外在住の学生に、ふるさと魚津を感じていただけるよう、本市の特産品(支援品)を送り、学生を支援します。

なんと!3種類の中から選べます。

対象者
事業の対象となるのは、次の要件を満たす学生です。
(1)県外の専修学校、短期大学、大学、大学院、予備校等に在学し、県外に居住している方(海外への発送は対応できません。)
(2)保護者の住民登録が魚津市内であること

申請者
申請は、対象者または保護者が行うことができます。(同一対象者について1回限りです。)

申請方法
(1)下記申込みフォームに必要事項を入力し申請
〇申し込みフォーム

(2)申請書に記入し、郵送または持参(提出先は、下記問合先になります。)
〇申請書様式(ダウンロード用)

申込み締め切り
令和2年7月31日(金)

支援品の送付について
申請後、内容を審査の上、学生の居住地あてに送付します。送付先は学生の住所になります。

支援品の発送時期について
申請受付から2週間以内に発送します。

支援品について
3種類の中から、ご希望のものをお選びください。
①バラエティセット:農産品や海産物等がバランス良く盛り込まれたセット
②ガッツリセット:主食となるラーメンや米を多めに盛り込んだセット
③フルーツセット:ドライフルーツやキャンディ等、市内の果実の加工品を中心としたセット

※各セットの詳細は「支援品詳細チラシ」をご覧ください。

申込みされる方は、次の2点に同意いただく必要があります。
同意事項
①保護者の居住要件を確認するため、住民基本台帳との照合を行うこと。
②魚津市が発信するUターン・就職支援・イベント情報等の受け取りに同意いただくこと。(年3回程度)

富山くらし・しごと支援センター 相談員(くらし)

鯉野・牧

プロフィール

鯉野:石川県金沢市出身。田んぼと畑に囲まれた場所で高校までを過ごし、卒業後上京。その後金沢に戻り、接客・販売の仕事に就くかたわら、美術館のアートボランティアに登録。その活動を通して日本各地の地域住民との交流を経験。2014年に再び上京。2017年4月より富山くらししごと支援センターの相談員を務める。

牧:大学の4年間を富山で過ごし、卒業後、東京で旅行会社に就職。定年退職後、悠々自適とはいかないこともあり、別の会社に勤務。富山県への移住相談員の募集をみて、大学時代に大変お世話になった大好きな県への恩返しのチャンスと思い、相談員に。

相談員から一言

鯉野:富山は立山連峰に海の宝石がざくざくの富山湾など、雄大な自然の恵みがたくさん!!お酒も食べ物も美味しいです。音楽フェスや古本とレコードのイベントなどカルチャー面もアツイ!!移住イベントも年間通して多数開催しています。まずは是非体感してみてください!!

牧:富山は立山連峰に代表される山と日本海、そして落ち着いた街並があり、最近は海外からの観光客も増えている風光明媚なところです。でも一番の魅力は、真面目で勤勉な「人の良さ」です。移住にあたっての様々な支援もご用意していますので、ぜひ有楽町オフィスにお越しください。そして現地で富山の良さ、特に「人の良さ」を体感してみてください。