地域のトピックス

つる舞う形の群馬県へ〜古墳大国でマイHANI−とデート

みなさんは何体のハニワを育成しましたか?
ちなみに移住相談員:上原は、現在2体です。
「あーね。」(▼1)っと聞き流さずに、ちょっとお聞きください,,,。

「群馬HANI-アプリ」とは?

2020.3/26に群馬県の文化振興課(東国文化推進室)より公式リリースされたスマートフォンゲームアプリ。

埴輪のキャラクターに、ごはんをあげたり、クイズで遊んであげたりしながら、様々な形の埴輪に育てる育成アプリです。

お掃除してあげなきゃ!

ハニワを育てるには、
1、ごはんをあげる(土器の破片、まが玉等)
2、なでる
3、クイズで遊んであげる

上記のお世話が大切です。

“家出”なんてイベントがあるんきゃ(▼2),,,発生しませんように,,,。

クイズの後には解説があり、詳しく学ぶことができます。
解説文中「とてもセクシーな埴輪です。」なんていう一文を見てしまうと、出題者の愛情を感じ好きになってしまいます。(※あくまで個人的な告白です)

クイズの内容はアップデートされ徐々に増えているのですが、出題がくり返される事が多々あり、自然と復習することになります。そのおかげでムズカシイ古墳の名前も、いつの間にか覚えていたりします。

東日本でいちばん大きい古墳は,,,太田天神山古墳!(▼3)

この育てた埴輪と、博物館周遊で手に入れた埴輪は「マイ古墳」に並べてオリジナル古墳を作ることもできます。

古墳時代の王様特権をこの手に,,,!

群馬県ではたくさんの埴輪が出土しており(▼4)県内32か所の博物館と東京国立博物館へ本物の埴輪に会いに行くと、特別な埴輪をゲットできます。近くにある博物館は、「チェックイン画面」から探せます。

古墳の近くで暮らしたい!,,,という移住ご相談者様は今のところいらっしゃいませんが、群馬県にお住まいになるとおのずと東国文化(▼5)を身近に感じることになると思います。

渋川市では土器作りの市民講座もあります。※土器は縄文時代

このアプリをきっかけに、埴輪や古墳について学べて、実物を見に群馬県へ行っていただけたら幸いです。

▽古墳を訪れる際のもう一つお役立ちアプリ「ぐんま古墳探訪」(群馬県文化財保護課)

≡≡≡≡≡≡ 群馬にまつわるアレコレ▼(相談員:上原調べ) ≡≡≡≡≡≡
(▼1)あーね:群馬の方言。「そうなんだ。」と相槌としてよく使う。使いすぎると相手に「ほんとに聞いているんだろうか?」とイライラされるので、目上の方には使わないのが吉。
(▼2)あるんきゃ:群馬の方言。「あるんだ?」の意。疑問形の文章の語尾。
例文:はぁーけぇるんきゃ。意味:えーっ、もう帰るの?
(▼3)太田天神山古墳:県内人口3位・太田市にある前方後円墳。墳丘長210mは東日本最大級。
(▼4)たくさんの埴輪:現在、国指定重要文化財の埴輪のうち4割は群馬県から出土しており「埴輪大国」の異名もある。
(▼5)東国文化:古墳時代(3世紀中頃)~奈良時代(7世紀)に関東地方で栄えた文化の事。当時の日本はヤマト王権が支配しており、古墳は許可を得たものしか作れなかった。それが群馬県内には約1万3000基残っていることから、この地が王権にとって重要な場所と考察されている。
東国文化ガイドブック「ぐんま東国文化ものがたり」

ぐんま暮らし支援センター ぐんま暮らし相談員

藤田・上原

プロフィール

藤田:生まれも育ちも群馬県高崎市。地元の大学を卒業後、旅行会社に勤め前橋営業所勤務からスタートし、東京転勤を機に東京定住となった。旅行会社を卒業後、ぐんまちゃん家で観光案内員の仕事をしたご縁で現在の相談員となる。

上原:群馬県安中市出身。高校まで県内の関東平野で暮らす。「雪のある土地で暮らしてみたい」と秋田県の美術短大で下宿生活を送った後、工芸職の仕事を求め愛知県で就職。その後、群馬に住む家族をサポートするため東京で転職し、安中市磯部温泉でのボランティア活動を通じ地方移住を考える。2020年4月より「ぐんま暮らし支援センター」相談員として着任。

相談員から一言

藤田:ぐんまの魅力は、5つあります。都心からの距離感(100キロ・1時間)、交通網の充実(新幹線・高速自動車道・5つの鉄道)、豊富な水資源・長い日照時間により全国有数の農業県、全国2位の物価の安さ、そして強固な地盤に守られた安心安全な土地柄、子育てに最適です。一度おいでください。

上原:首都圏と農村地の両方に手が届く群馬県は、「ちょうどいい」暮らしができる土地です。海はないけれど、川の恵みを受けた豊かな農作物がとれるほか、「上毛三山」に代表される自然も絶景です。何気ない日常を送る中で「ちょっといいぐんまの魅力」があります。仕事も遊びも選んで生きていける、選択肢が豊富な群馬県での暮らしを一緒に考えませんか?