地域のトピックス

周防大島で!ALOHA~!

≫≫いま、周防大島は、ハワイ一色!≪≪

周防大島町は、瀬戸内海で3番目に大きな島。
周防大島は「瀬戸内のハワイ」と呼ばれています。
そして、今週から「アロハビズ」が始まりました!

≫≫なぜ瀬戸内のハワイ?

明治18年ハワイとの絆が始まりました。
日本初の海外移民が始まった明治18年、以来10年間に、官約移民として周防大島から3,913名もの人たちがハワイに渡りました。その子孫との交流も5世や6世に及ぶほど。

≫≫明治38年 ハワイ州カウアイ島と姉妹島縁組締結

大島郡とハワイ州カウアイ島は、ハワイ移民の歴史を背景に昭和38年6月22日、姉妹島縁組を締結しました。これを機に、文化、産業、スポーツ交流など多岐にわたる交流活動を展開しています。

≫≫アロハビズ!

ハワイ州カウアイ島との姉妹島提携日(昭和38年6月22日)を記念して、周防大島では昭和61年より、毎年6月22日(水)~8月31日(水)の期間中、アロハシャツを正装として皆様をお迎えするアロハビズを実施しています。島の皆さんをはじめ、官公庁、銀行、農協、郵便局、ホテル、観光施設など、‟瀬戸内あのハワイ”周防大島の夏は、今年もアロハに溢れています!

☞NHKニュース2020/6/22
「周防大島でアロハビズ始まる」
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yamaguchi/20200622/4060006127.html

☞山口新聞
色鮮やか「アロハビズ」始まる
https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/e-yama/articles/11720

アロハキャンペーン動画
http://teiju-suo-oshima.com/movie/movie-other/movie37.html

≫≫サタフラ! 土曜日はフラの日

周防大島の夏はサタデーフラで開幕します。島のダンサーだけではなく、山口県内外から多くのフラガールが競演します。

今年(2020)のサタフラ開催詳細はこちらから

http://www.suouoshima.com/event/sata_hula.html

≫≫日本ハワイ移民資料館

移民の歴史を、日本ハワイ移民資料館で学びましょう
大勢の海外移民者を送り出してきた周防大島町は、郷土の先人たちの記録を伝えようと、ハワイ移民に関する資料を収集しています。その祈り、明治から大正を米国で過ごされた、故福元長右衛門氏の遺族の方より、氏が帰国後の昭和3(1928)年に建設された旧宅の寄贈の申し出があり、この建物をハワイ移民に関する資料館として再生活用しています。

詳しくは☞日本ハワイ移民資料館 (周防大島町HP)

やまぐち暮らし東京支援センター 移住相談員

平尾・木村

プロフィール

平尾:山口県周南市出身。高校卒業までを山口で暮らす。結婚を機に東京下町へ。山口が大好きすぎて、東京でも、山口の野菜などを月に一度販売。2016年5月から「ふるさと回帰支援センター」内の「やまぐち暮らし東京支援センター」にて、移住相談員(YY!ターンソムリエ)をつとめる。1男1女の母でもあるので、ファミリー移住も応援!

木村:山口県光市出身。光市と周防大島町の大自然の中で育ち、大学から東京暮らし。前職は地図と観光ガイドブックの出版社に勤務し、地図編集や観光プロモーションの提案・製作に従事。地方の可能性とふるさとへの懐かしさを感じ、人生の後半戦は地元のために仕事したいと思い現職に。休日はランナー。走った後のビールは最高!

相談員から一言

平尾:山口は、海あり山あり、程よい都会あり。水や土が良いから、お野菜・お魚・お米どれも本当に美味しいです。移住される方も年々増えており、今年は「やまぐち移住倶楽部」も発足!移住の先輩たちが、移住後の暮らしをサポートしてくれますよ。やまぐち暮らし東京支援センターでは、山口に住む素敵な方々をどんどん紹介しますので、ぜひ、一度遊びにいらしてください!

木村:山口県の良さは、「夢を実現できる場所」。鉄鋼、化学、自動車、鉄道車両などの日本を支える“ものづくり”、県のまわり三方の天然いけすと温暖な気候と地形が育む“自然の恵み&美食”、そして、日本の歴史に名を刻んできた“常に時代を先ゆく文化を育む地域力”は、皆さんの人生を豊かにしてくれる舞台です。人・モノ・自然・伝統を尊び、そして、少しばかりおせっかいな県民性の『やまぐち』を感じてみてください。おいでませ!