地域のトピックス

「SHIOKURI」と「OTETSUDAI」でつながりたい【葛尾村】

 

葛尾村(かつらおむら)は、福島県の太平洋側、浜通りにある村。
浜通りには海のイメージがあるかもしれませんが、阿武隈高地の里山の中でのどかな田園風景が広がっています。
原発事故によって全村避難を余儀なくされ、震災前は約1500人の人が暮らしていました。
平成28年6月に避難指示が解除された後は100人になり、4年経った現在では400人余りと言われています。

「かづろうさんげ」でつながる家族的なコミュニティ

葛力創造舎(かつりょくそうぞうしゃ)は、葛尾村に昔から受け伝えてきた「結」の文化を軸として、コミュニティづくりやプレーヤーの発掘・育成といった地域内に循環する仕組みをつくりあげています。

プロジェクトの一つにあるのが「かづろうさんげ」。

「かづろうさんげ」とは「かつらおさんの家」の意味。葛尾の訛りがそう聞こえるんです。
これまでもツアーやボランティアで繋がった人はたくさんいたのに縁遠くなるのは悲しい。
もっと気軽な家族的な雰囲気で繋がり続けたい。

そんな、“想い”で繋がっていける持続可能な関係性を形にしたのが、今回ご紹介する「SHIOKURI」です。

SHIOKURIとOTETSUDAIの交換

おかあさん達がつくった野菜がたっぷり入った段ボールが一箱、文字通り「仕送り」されます。
たっぷりの野菜を送る理由は、多くの人と分け合って欲しいから。
そのため、シェアハウスやゲストハウス運営の方、企業や団体に優先してお送りします。

その代わりにしていただくのが「OTETSUDAI(お手伝い)」。
SNS等での情報拡散や、都内イベントでの葛尾村PRのための特産物販売、葛尾村での田植えや稲刈り等といったお手伝いです。
拡散する時には、料理が好きとかデザインができるなど、好きな事やできる事を添えてくださると今後さらに深く繋がれそうです。
集まってきた人達の力を集結させてまた新たな何かを創っていくことも理想としています。

SHIOKURIには時々「当たり」のような事も。
“愛情一本”のキャッチコピーで有名な栄養ドリンクが入ったこともあったそうです。
元気でいてね、これからも葛尾と繋がっていてね、というおかあさん達の「愛」があります。
そこには、物を売って買うという関係性やお金のやりとりは必要としていません。
そのため生産物の質を問う方はご遠慮ください。

残り50セット程。
ご希望の場合は葛力創造舎までお問合せください。

*一般社団法人 葛力創造舎:http://katsuryoku-s.com/

 

福が満開、福しま暮らし情報センター 相談員

新妻・佐藤

プロフィール

新妻:高校卒業までを富岡町で過ごす。大学入学と同時に上京し、都内で就職。高校生の進路行事を企画運営する企業、個人住居リノベーションのコーディネート、司法書士事務所事務を経て2018年4月より福が満開、福しま暮らし情報センターの相談員に。

佐藤:高校卒業まで福島県南相馬市(旧原町市)で過ごす。大学卒業後、大手百貨店に入社し、企画・宣伝・広報業務を中心に36年間勤務。2019年11月より、ふるさと回帰支援センター内「福が満開、福しま暮らし情報センター」の移住相談員として勤務。

相談員から一言

新妻:福島県は奥羽山脈と阿武隈高地の山並みを境に、会津地方・中通り・浜通りの3つエリアに分かれています。その地形から、それぞれが気候も歴史も暮らしも異なる大きな県です。雪、里、山、海…など、ご自身に合った理想とする暮らしがどこかできっと適えられると思います。福島の人は粘り強く親身で心根は熱いです。そんな福島が気になった方は一度センターへお越しください!

佐藤:今まで日本中いろいろな場所で暮らしましたが、どこも素晴らしいところばかりでした。
そんな中でもふるさと福島は四季の移り変わりがとてもはっきりしているところだと思います。
山々の景色・鳥たちの声・満天の星空・果物の豊富さ・旬の魚・空気の匂いなど、四季の変化を感じるものが盛沢山です。ぜひ福島に来てご自身で福島の魅力に触れてください。