地域のトピックス

「起業支援事業費補助金」募集開始!!

起業支援事業費補助金の募集を開始します
【京都府中小企業総合支援課】

京都府では、効果的な起業を促進し、地域課題の解決を通して地方創生を実現することを目的に、「起業支援事業費補助金」の募集を昨年度に引き続き今年度も開始します。

起業支援補助金チラシ

■補助対象者
京都府内に居住又は居住を予定している者で、京都府内で新たに起業する者(※)
※公募開始日(令和2年6月15日)以降令和3年1月31日までに開業・設立することなどが条件

■補助対象者
京都府内で実施する社会性、事業性、必要性のある社会的事業。京都府では、地域活性化関連(※1)、社会福祉・社会教育・子育て支援関連(※2)の事業を想定

※1:人口減少地域の活性化や若者等の地域定着に向けて、農林水産物や優れた自然環境・景観、文化財などの地域資源を活用した特産品開発・販売や地元食材を活用した飲食・サービス等の魅力ある地域活性化に資する事業等

※2:少子高齢化や核家族化の進展により需要が高まっている高齢化や子育て世帯向けの福祉・教育等の生活支援サービスの供給及びそれに付随する事業等

■補助額
補助率1/2、上限200万円
京都府内でおおむね15件程度採択の予定

■応募期間:2020年6月15日~7月31日まで

■事業の流れ
計画書類等の必要な書類を起業予定地の中小企業応援隊のコンサルティング(無料)を受けて提出し、外部有識者による評価委員会の評価を経て採択・不採択が決められます。そのうち採択されて者が補助対象者となり、事業を実施する際に、中小企業応援隊が伴走支援を行います。

■募集案内等詳細はこちら(中小企業応援センターHP)

■問合せ先:京都府商工労働観光部中小企業総合支援課(中小企業応援センター事務局)
TEL 075-366-4357
E-mail:info@ouen-kyoto.com

京都府移住相談窓口 京都移住コンシェルジュ

榎本

プロフィール

広島県広島市出身。大学時代を京都で過ごし、就職を機に上京。住宅資材流通の会社に勤めていたが、今の都会での暮らしをずっと続けるのは何かが違うと思い、退職を決意。地元に戻る予定だったが、縁あって京都移住コンシェルジュに就任。

相談員から一言

「京都」に行ったことはありますか?と聞くと、多くの方から「修学旅行で行きました!」「お寺が大好きで年に数回は行きます!」など、ありがたいお言葉を頂戴します。その一方、観光で立ち寄る京都市内から足を伸ばした郊外に関してはいかがでしょうか?
京都には、お茶畑が広がる地域もあれば、海産物の豊かな地域、原生林が広がる地域など様々な特徴ある地域があります。また、そこには地域の魅力に魅せられた移住者の方も大勢いらっしゃいます。京都での生活はどんなものだろう?どんな仕事をしている方がいるのだろう?少しでも気になった方は一度、センターへお越しください!観光に行くだけでは見ることのできない新しい京都を知ることができるかもしれませんよ!?お待ちしています!!