地域のトピックス

鳥取県日野町が地域おこし協力隊員を募集中です!

【日野町ってどんなところ?】
日野町は、鳥取県南西部の中国山地の山間に位置する東西20km、南北12.5km、総面積133.98㎢の町です。町の中央を一級河川日野川が流れ、町の境は岡山県新見市、鳥取県江府町、伯耆町、日南町に接しています。近隣都市の米子市までは車で約40分、大阪、広島までは約3時間程度です。
町の主な産業は農林業で、清流に育まれた日野米を主としてソバ、白ネギ、シイタケなどのほかスズハラモチ(もち米)なども特産として有名です。
主な観光資源は、県と町の鳥にも指定されている「オシドリ」、全国で一つしかない縁起の良い名前を持つ「金持神社(かもちじんじゃ)」などが有名で、近年では地域の歴史文化や自然を楽しんでもらうエコツーリズムも盛んになりつつあります。令和2年4月1日現在の町の人口は3,020人、世帯数1,333世帯となっており、人口減少と高齢化が最大の課題となっています。

【募集対象】
・年齢 18歳以上40歳未満
・性別 不問
・居住地要件(現在お住まいの住所地)  3大都市圏内の都市地域、政令指定都市または地方都市(過疎、山村、離島、半島などの条件不利地域に該当しない市町村)にお住まいで、活動期間中、日野町に住民票を移動し居住することができる方 (居住地要件について詳しくはお問い合わせください。)
・資格等 普通自動車免許を所持されている方。
・心身ともに健康な方で任期終了後に日野町に定住し農林業等で将来の生計を立てることに意欲的な方。

【募集人員】
・最大3名

【募集期間】
・毎月末を締切とし、定員になり次第募集を終了します。

【委嘱予定期間】
・委嘱の日から令和3年3月31日まで(以降1年ごとに更新可、最大3年間)

【委嘱条件】
・活動時間 1日8時間 月20日程度を予定(160時間/月)

【任用形態】
・日野町地域おこし協力隊員として町長が委嘱 (町との雇用関係はありません)
・報償費 166,600円/月

【福利厚生】
・町との雇用関係はありませんので健康保険料、国民年金等は隊員負担になります。
・その他住居は町または活動支援団体が指定した住宅に入居していただきます。
・活動に必要な自動車は町または活動支援団体が斡旋します。
・住宅使用料、活動に必要な自動車・物品等の経費は予算の範囲内で町が補助します。
・生活に必要な物品、光熱水費等は隊員負担です。

【応募手続】
提出書
・鳥取県日野町「地域おこし協力隊」 応募用紙(1) 応募用紙(2) 応募用紙(3
・運転免許証のコピー

【提出先】
〒689-4503
鳥取県日野郡日野町根雨101番地
日野町役場 企画政策課 担当:生田
Tel:0859-72-0332
Fax:0859-72-1484
E-mail kikaku@town.hino.tottori.jp

【受付期間】
随時受付

【選考方法】
1. 1次選考(書類選考)
提出された書類により選考、結果は文書で通知します。
2. 次選考(面接)
※1次選考合格者に対し実施、面接会場は日野町役場で行います。

鳥取県日野町根雨101番地(日野町役場内)
電話:0859-72-0332
メール kikaku@town.hino.tottori.jp

公式HPはこちらhttps://www.town.hino.tottori.jp/item/32728.htm

とっとり暮らしサポートセンター 鳥取県専属相談員

浜田

プロフィール

2018年4月より鳥取県の相談員として勤務しております。高校まで鳥取におりまして、大学で一時離れましたが、卒業後再び鳥取に戻りました。地元で働いていたこともありますし、関東方面で仕事をしていたこともあります。
この経験から、田舎のよさや、都会の便利さを比較しながら、鳥取移住を応援したいと思っています。

相談員から一言

鳥取県は、子育て世代の方や、退職後にゆっくり過ごされたい方、U-ターンの方等みんなに優しい県です。待機児童ゼロ、豊かな食、自然、女性のストレスフリーの県で上位。人口は日本で一番少ないですが、移住者の方のサポート体制は万全です!!ぜひ、一度と鳥取へいらして下さい。