地域のトピックス

もっと知りたい徳島県!vol.11【佐那河内村】

「な~んもない」がある村
ここは宇宙の一等地。

徳島県唯一の村である佐那河内村は、県都に隣接していながら、農山村の文化と風景が残る長閑な村です。
村には田舎暮らしで重要な助け合いの文化が育んできた「講中」「常会」「名中」という地域コミュニティが今も尚、大切に受け継がれています。

佐那河内村HP

佐那河内村移住サイト

佐那河内村移住に関するQ&A

支援情報

※支援は変更になる場合もございます。詳しくは担当課にお問合せ下さい。

【移住定住】
佐那河内村リフォーム補助金(上限30万円)(PDF)
佐那河内村定住支援住宅新築等補助金
佐那河内村木造住宅耐震促進事業

【子育て・教育】
・出産祝金
・18歳に達する日の最初の3月31日まで医療費(通院・入院)無料
・乳児おむつ助成事業

【起業・その他】
移住等新規就農者経営確立支援事業(農業用機械導入にかかる補助)
・農業集落排水施設接続工事等補助金
集落排水の接続工事・加入金等を補助(30万円)
簡易水道の接続工事・加入金等を補助(5万円)

移住者インタビュー

岩佐 洋介さん(写真左)

出身地:兵庫県神戸市
移住年:2016年1月
現住所:佐那河内村
取材年月:2016年9月

徳島唯一の村・佐那河内村で、古民家を改修して暮らしている岩佐洋介さん。移住する地を探して全国を訪れた岩佐さんが、なぜ徳島を、佐那河内村を選んだのか。お話を伺いました。

徳島唯一の村で送る、心身ともに健康的な生活

島津臣志さん

出身地:徳島市
移住年:2015年
現住所:佐那河内村
職業:自営業
取材年月:2015年11月

「最初は移住する気はなかった」と当時を振り返る島津さんの職業は一級建築士。村からの要請に応える形で移住を決めたそうですが、現在は呉服屋さんだった商家で建築事務所を構え、佐那河内村の人々と交流を深めながら、移住者向けの空き家などの改修を手掛けています。

住まいの専門家として村の一員になりました。

小松 円さん

出身地:高知県
移住年:2015年
現住所:佐那河内村
職業:自営業
取材年月:2015年11月

小さな一人娘と動物たちを連れて小松さんが移住したのは、徳島県唯一の村である佐那河内村。暮らしはじめる前から何度も足を運び、地域の人々と交流しながら住むところを見つけたという彼女は、かつて村の自転車屋さんだったという空き家で個性的な居酒屋を営んでいます。

地域全体が親戚みたいな村で暮らしています。

栗原 美幸さん

現住所:佐那河内村
出身地:埼玉県
移住年:2010年

 きっかけ 大学在学中に休学し、大学の掲示版で案内があった平成20年度「緑のふるさと協力隊」に応募し、佐那河内村へ派遣されました。

「緑のふるさと協力隊」への応募が移住のきっかけに

おすすめ移住動画

佐那河内村ー宇宙の一等地ー

安息の地を求め、いろいろな場所を旅する宇宙人(!)の目線から佐那河内村を紹介。
中心地からのアクセス、自然の豊かさ、村中が家族のようなあたたかいところなど
目の肥えた宇宙人も移住を決意するほどの佐那河内の魅力をご覧ください。

佐那河内村に行きたい

観光サイト

大河原高原
風車の並ぶ標高1019mの高原付近で、季節には約3万本のアジサイをはじめ、さまざまな野草や花々が楽しめます。遊歩道が整備され、ハイキングに最適。5月~10月にはのんびり草をはむ牛の姿も見られます。佐那河内村のおすすめ観光スポットです。

佐那河内果樹オーナー園
果樹オーナー園では、特産品であるキウイフルーツ、ゆず、すだち、みかんのいずれかの果樹のオーナーになり、契約した年に決められた量の果実を収穫することができます。
キウイフルーツの果樹オーナーはリピート率8割!オーナー同士のふれあいや園主とのつながりから佐那河内村がもう一つのふるさとになっているんですね。

事態が落ち着いたら訪れてみてくださいね。

☆とくしま移住コンシェルジュは電話、メール、スカイプでの移住相談承っています。
お気軽にご利用ください。詳しくはこちらをご覧ください。

住んでみんで徳島で!移住相談センター 徳島県移住コンシェルジュ

上田

プロフィール

徳島県徳島市出身。高校卒業まで徳島市で過ごし、大学進学を機に上京。卒業後徳島に戻り働いていたが、結婚して再び東京へ。家族の都合で他の地方都市の暮らしを経験し、三度目の上京。徳島県以外での生活や子育てを通し、それまで気づかなかった徳島の魅力に改めて気づく。徳島の良さを伝えることで徳島に貢献できればと思い、2020年1月から相談員に。

相談員から一言

あたたかい人、温暖な気候、海、山、川の豊かな自然、おいしい食べ物…。
一方で、充実したインターネット環境、関西圏へのアクセスの良さなど便利さも。
オンもオフも充実した豊かな暮らしが待っています。徳島の藍色の空の下、あなたらしくのんびりゆったり暮らしてみませんか?ご興味ある方はぜひ徳島県ブースにお越しください。お話ししながらこれからの生き方を探すお手伝いができたらと思います。「住んでみんで徳島で!」