地域のトピックス

そこは東北の“勝手口” |やまつり清流の里協議会|

東北の最南端に位置する矢祭(やまつり)町。
矢祭町農泊推進協議会では、東北地方への入り口だけど、玄関口のようにかしこまることなく、普段着のまま、ノープランで訪れたくなる場所を目指して活動しています。

今回は矢祭町の農泊地域のひとつ、「やまつり清流の里協議会」をご紹介します!

地元の人の手作り里山体験プログラム

矢祭町の内川地域は、なだらかな山々にいだかれた里山地域です。
清流・矢祭川が流れ、田畑が緩やかに広がります。まさに日本の原風景といえる景観でありながら、スーパーや銀行まで車で15分という利便性を兼ね備えています。

内川の魅力を地域外の人にも楽しんでもらおうと、地域のおとうさんやおかあさん十数名で体験プログラムを提供しているのが「やまつり清流の里協議会」です。

活動を始めたきっかけのひとつは、地域の小学校が2014年に廃校になってしまったことでした。生まれ育ち、親から子へ受け継がれてきたこの地域が消滅してしまうかもしれない。
そんな不安のなか、グリーンツーリズムで有名な大分県の安心院町へ視察に行く機会がありました。その時、内川地域の人は衝撃を受けました。なぜなら、安心院町での体験やもてなしは、普段の自分たちの暮らしそのものだったからです。

何でもない暮らしが都市部の人にとっての価値であることがわかり、活動がスタート。やまつり清流の里協議会では現在、里山体験のイベントが年に6,7回開催されています。

その内容は、田植えや稲刈りに、栗や山菜などの山の恵みの収穫、アユやヤマメのつかみ取りなど、季節に応じた里山体験です。
水にびっしょり濡れて楽しそうにしている子の親御さんが「普段は汚れるのを嫌がるのに、こんなにも楽しそうなんて…」と驚いていたとのこと。

里山体験は、本人も知らない好奇心や子どもらしさを引き出してくれるのかもしれません。
その他、個別の体験の受け入れも行われており、事前相談の上でさまざまな体験が可能です。農家民泊も整備が進んでおり、田舎暮らしの体験もできます。

内川地域のくらし

収穫した稲を1ヶ月ほど天日干し。昔ながらの方法です。

屈指の清流である矢祭川と八溝山系のなだらかな山々に囲まれた内川地域は、伝統的な日本家屋と田んぼや畑が広がる里山です。水と空気がきれいな内川で採れる農産物やアユの味は、地元の人曰く「街とは比べ物にならない」とのこと。矢祭川の水で淹れるコーヒーにはプロのバリスタも唸ったといいます。

矢祭川のアユはひと味もふた味も違います。

スーパーなどへのアクセスも良く、降雪もほとんどありません。日本の原風景と生活のしやすさが両立している地域です。

移住の”センパイ”の声

「地域の皆さんの優しさに包まれて、充実したカントリーライフを満喫」
「”やまつり清流の里”の会員が暮らす矢祭町内川は、豊かな自然に囲まれた里山で、ゆったりとした時間が流れ、地域の皆さんの笑顔はとても穏やかです。そんな素敵な地域に惚れ込んで移住したのは1年半前になります。ガーデニング、DIY、農作業、薪づくりなどなど、好きなことがなんでもできるこの地は私にとっては夢の場所です。好きなことをしていたら近所の方に声をかけられ、どんどん輪が広がり、地域に自然と受け入れていただけたように感じます。地域の皆さんの優しさに包まれて、四季折々の豊かな表情を見せる里山で、充実したカントリーライフを満喫しています」

小泉 美峰さん 人のあたたかさに惚れ込み、二地域居住を経て2018年4月に移住。

相談できること・主要施設へのアクセス

やまつり清流の里協議会
TEL080-3430-1767 福島県東白川郡矢祭町内川塩ノ平11

▷住まいの相談
空き家が地域内に数軒あり、場合によっては相談に乗ることができます。

▷仕事の相談
お気軽にご相談ください。内川地域は矢祭町街や大子町街へも車で15分圏内なので、街なかで働くことも可能。

▷体験の相談
里山体験の申し込みを受け付けています。農家民宿で宿泊することも可能。

福が満開、福しま暮らし情報センター 相談員

新妻・佐藤

プロフィール

新妻:高校卒業までを富岡町で過ごす。大学入学と同時に上京し、都内で就職。高校生の進路行事を企画運営する企業、個人住居リノベーションのコーディネート、司法書士事務所事務を経て2018年4月より福が満開、福しま暮らし情報センターの相談員に。

佐藤:高校卒業まで福島県南相馬市(旧原町市)で過ごす。大学卒業後、大手百貨店に入社し、企画・宣伝・広報業務を中心に36年間勤務。2019年11月より、ふるさと回帰支援センター内「福が満開、福しま暮らし情報センター」の移住相談員として勤務。

相談員から一言

新妻:福島県は奥羽山脈と阿武隈高地の山並みを境に、会津地方・中通り・浜通りの3つエリアに分かれています。その地形から、それぞれが気候も歴史も暮らしも異なる大きな県です。雪、里、山、海…など、ご自身に合った理想とする暮らしがどこかできっと適えられると思います。福島の人は粘り強く親身で心根は熱いです。そんな福島が気になった方は一度センターへお越しください!

佐藤:今まで日本中いろいろな場所で暮らしましたが、どこも素晴らしいところばかりでした。
そんな中でもふるさと福島は四季の移り変わりがとてもはっきりしているところだと思います。
山々の景色・鳥たちの声・満天の星空・果物の豊富さ・旬の魚・空気の匂いなど、四季の変化を感じるものが盛沢山です。ぜひ福島に来てご自身で福島の魅力に触れてください。