地域のトピックス

【おしごと講座⑦】やまぐちで「地域づくり」に挑戦!してみませんか?

山口市では、阿東地福地域の課題解決に取り組んでくださる方を募集中です!

山口市阿東地域とは・・・
山口市阿東地域は、人口約6千人の美しい田園風景が広がる高原の町です。春は徳佐八幡宮のしだれ桜、夏は船平山のゆうすげ、秋は長門峡の紅葉、冬は十種ヶ峰の雪景色、また赤い石州瓦の家並みを背景に走るSLの姿など、四季折々の景観が楽しめます。お米、トマト、和牛の一大産地で、りんご、梨、ぶどう、マツタケなど秋の味覚も満載です。りんご(西日本最大級)や梨の観光農園は、阿東を代表する産業です。こうした豊かな地域資源を目当てに、多くの観光客が四季を通して訪れています。
このような地域資源を活用してまちづくりを進めています。
このたび、一緒に活動していただける方を募集します。
募集要項をご確認のうえ、応募ください。
ご応募お待ちしております。

募集要項の詳細はこちら ☞ 地域おこし協力隊「阿東地福地域の課題解決業務」を募集します (山口市HP)
★募集要項(概要)★(クリックすると拡大できます)

<こちらもご参考ください>

(ご参考ください)
★山口市で活動している「地域おこし協力隊」隊員の活動情報
https://www.sumusumuyamaguchi.jp/career/chiikiokoshi/

特定非営利活動法人ほほえみの郷トイトイ

☞この協力隊任務で、一緒に活動する方々です。

山口県の北東部、島根県との県境に位置する山口市阿東地域で、地域拠点を中心に地域主体で課題解決に取り組んでいます。
ミニスーパー、移動販売事業、手作り惣菜加工、地域の交流スペース運営、介護予防など「地域に笑顔を増やす」ことを目指して様々な取り組みを行っています。
阿東地福地域では、子どもから高齢者まで誰もが地域で輝き、笑顔で安心して暮らし続けることのできる地域コミュニティづくりを進めています。
人と人とのつながりが地域の魅力だと考え、地域の人を大切にした取り組みを行っています。
人のに優しさを感じることのできる地域にご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。
HP:http://jifuku-toitoi.com/

やまぐち暮らし東京支援センター 移住相談員

平尾・木村

プロフィール

平尾:山口県周南市出身。高校卒業までを山口で暮らす。結婚を機に東京下町へ。山口が大好きすぎて、東京でも、山口の野菜などを月に一度販売。2016年5月から「ふるさと回帰支援センター」内の「やまぐち暮らし東京支援センター」にて、移住相談員(YY!ターンソムリエ)をつとめる。1男1女の母でもあるので、ファミリー移住も応援!

木村:山口県光市出身。光市と周防大島町の大自然の中で育ち、大学から東京暮らし。前職は地図と観光ガイドブックの出版社に勤務し、地図編集や観光プロモーションの提案・製作に従事。地方の可能性とふるさとへの懐かしさを感じ、人生の後半戦は地元のために仕事したいと思い現職に。休日はランナー。走った後のビールは最高!

相談員から一言

平尾:山口は、海あり山あり、程よい都会あり。水や土が良いから、お野菜・お魚・お米どれも本当に美味しいです。移住される方も年々増えており、今年は「やまぐち移住倶楽部」も発足!移住の先輩たちが、移住後の暮らしをサポートしてくれますよ。やまぐち暮らし東京支援センターでは、山口に住む素敵な方々をどんどん紹介しますので、ぜひ、一度遊びにいらしてください!

木村:山口県の良さは、「夢を実現できる場所」。鉄鋼、化学、自動車、鉄道車両などの日本を支える“ものづくり”、県のまわり三方の天然いけすと温暖な気候と地形が育む“自然の恵み&美食”、そして、日本の歴史に名を刻んできた“常に時代を先ゆく文化を育む地域力”は、皆さんの人生を豊かにしてくれる舞台です。人・モノ・自然・伝統を尊び、そして、少しばかりおせっかいな県民性の『やまぐち』を感じてみてください。おいでませ!