地域のトピックス

鶴まう形の群馬県へ~お家で美味しいお店の味を。

#ぐんまの飲食店応援プロジェクト

毎日のごはんは美味しくたのしく食べたいですよね!
外食が気軽にできない今だからこそ、お家でプロの味をたのしめるサービスが生産者・飲食店を支える取り組みとして群馬県内にも広まってきています。

―――――――
#GTOプロジェクト 

ぐんま テイクアウト 応援(Gunma Takeout O-en)と題した県の取組みです。
実際のサービス情報はこちら⇓(群馬県HP参照)
群馬県内のテイクアウトが可能な飲食店等をまとめたサイト一覧

#STAYHOME #コロナに負けない

各地でWebサイトやSNSなどが整備され、テイクアウトに積極的です。
実際にサイトを訪れてみると、お料理の写真がたくさん!てんで(▼1)うまそうだなぁ。

―――――――

#ドライブスルー

注文した品物を車から降りることなく受け取れるこのシステムが、外食チェーン店以外で広まっています。
もともと群馬県民は1人当たりの自動車保有台数が全国トップ(▼2)ということもあり、ドライブスルー形式の需要は大きく、ちょっと変わり種のお店(調剤薬局、クリーニング店、眼鏡店など)も先駆けて実施しています。

《桐生市 黒保根町》「ドライブスルー八百屋」

黒保根(くろほね)町地域おこし協力隊の岩崎隊員が手掛ける、毎回完売となる大好評な取り組み!
余剰となってしまった野菜を抱える生産者の声をくみとり、買い物難民とよばれる方々のお手伝いになれば、という思いの元始まっています。

―――――――

《前橋市+民間企業》#まえばしFOODタクシー事業

飲食店の料理やお弁当を、市内のタクシー会社と連携して配送するサービス。配送料の6割を市が補助するため、利用者の負担は300円+料理代金!
一度に注文できるのは「タクシーのトランクに入る量」とのこと。
利用できる飲食店は「Mae Teku」(前橋まちなかテイクアウトフードコミュニティ)アプリからも見ることが出来ます。

―――――――

《北部エリア 昭和村》#回覧板

この時代にあえて「回覧板」!昭和(しょうわ)村地域おこし協力隊の伊藤隊員 企画です。
こちらは、昭和村の新型コロナウイルス対策の支援事業とも連動しての企画とのことで
情報のターゲットを考えるとSNSより効果的かもしれませんね。
Web版の回覧板はコチラより

―――――――

#ポチる

県外にいても群馬の農産物が通販で購入できます!

≫農業者のウェブサイトリンク集 ぐんまアグリネット

生産者さん直通の通販リンク集。
今回の記事を書くために見なおしていたら、なんと一年中こんにゃく芋(▼3)を買える所もありました!

≫ぐんまの通販サイト CASAぐんま

CASA(カーサ)とは、スペイン語で“家”、また”家族”や”お店”を指します。
“家族”や”お店”が集まる、ぐんまの大きく優しい”家”づくりを目指した、ショッピングサイトです。
農林水産品やスイーツ、地酒、また伝統工芸品まで幅広く品物を取り扱っています。
群馬県生まれの私は、焼きまんじゅう(▼4)に目が留まってしまいます,,,。

―――――――

以上、お家でぐんまの食を楽しめるサイトのご紹介でした!

地域を知るには、衣・食・住から。

“ぐんまでちょうどいい暮らし ぐんまでちょっといい暮らし” をしてみませんか
はじめまして、暮しまして、ぐんまな日々
(移住をご検討の方に向けたポータルサイト) http://gunmagurashi.pref.gunma.jp/

≡≡≡≡≡≡ 群馬にまつわるアレコレ▼(相談員:上原調べ) ≡≡≡≡≡≡
(▼1)てんで:群馬の方言。“てーんで”とも。「とても」「まったく」という物事の程度を表す。
[例文]「まったくうちの孫はてーんで可愛いんさ!」
(意訳)うちの孫は可愛い過ぎてどうしようもない。(可愛いを否定することで孫への愛情を強調する、逆説的な用法。難易度☆☆)
(▼2)1人当たりの自動車保有台数:(乗用車の保有台数÷都道府県別の人口)群馬県は全国でも1,2位につける。(H29年度0.68)おばあちゃんと同居する夫婦こども家族ならば、乗用車を2台持っているイメージ。
(▼3)こんにゃく芋:全国の生産量9割は群馬県産。こんにゃくパークという、こんにゃく好きには夢のようなテーマパークが甘楽町にある。上毛かるたでは「ね」札。
(▼4)焼きまんじゅう:県民のソウルフード。酒饅頭が4つほど串に並び、甘じょっぱい味噌だれをつけて焼かれた軽食。まんじゅうの中身は何も入っていないものが多い。
大ぶりのまんじゅうで、口元が味噌だれにまみれてしまうのも含めて美味しいが、彼氏の前で食べるのはハードルが高め。
ぐんま暮らし支援センター ぐんま暮らし相談員

藤田・上原

プロフィール

藤田:生まれも育ちも群馬県高崎市。地元の大学を卒業後、旅行会社に勤め前橋営業所勤務からスタートし、東京転勤を機に東京定住となった。旅行会社を卒業後、ぐんまちゃん家で観光案内員の仕事をしたご縁で現在の相談員となる。

上原:群馬県安中市出身。高校まで県内の関東平野で暮らす。「雪のある土地で暮らしてみたい」と秋田県の美術短大で下宿生活を送った後、工芸職の仕事を求め愛知県で就職。その後、群馬に住む家族をサポートするため東京で転職し、安中市磯部温泉でのボランティア活動を通じ地方移住を考える。2020年4月より「ぐんま暮らし支援センター」相談員として着任。

相談員から一言

藤田:ぐんまの魅力は、5つあります。都心からの距離感(100キロ・1時間)、交通網の充実(新幹線・高速自動車道・5つの鉄道)、豊富な水資源・長い日照時間により全国有数の農業県、全国2位の物価の安さ、そして強固な地盤に守られた安心安全な土地柄、子育てに最適です。一度おいでください。

上原:首都圏と農村地の両方に手が届く群馬県は、「ちょうどいい」暮らしができる土地です。海はないけれど、川の恵みを受けた豊かな農作物がとれるほか、「上毛三山」に代表される自然も絶景です。何気ない日常を送る中で「ちょっといいぐんまの魅力」があります。仕事も遊びも選んで生きていける、選択肢が豊富な群馬県での暮らしを一緒に考えませんか?