地域のトピックス

【朝来市】地域おこし協力隊(山の暮らしを営む協力隊員)を募集しています!

朝来市は兵庫県の北中部にあり、4つの町が合併して2005年に誕生しました。その昔は村や町が古くから形作られており、現在はその単位で「地域自治協議会」が設立しています。その協議会が中心となって、新しく広い市域でも、それぞれの特徴や地域性を生かしたまちづくりが進められています。
その中の一つである糸井地域は市の北端に位置し、養父市や豊岡市と接する自然豊かな地域です。床尾山から流れ出る糸井川が円山川に流れ込み、古来より豊かな農地が育まれてきました。そのような糸井地域の中の一番北側に「朝日」という地区があります。
そんな朝日集落に、自給自足のエコライフを送っておられるご家族があります。ご夫婦とお子さん3人の5人家族、大森さんご一家。ご主人は地域の代表も務めておられ、奥様は画家として活動されています。お二人は山の中で必要なものを作り生み出す暮らしをしながら、作品を創り、子育てをされています。その根底には自然界から学ぶ「命の大切さ」が流れています。

このたび、朝日区をはじめとする15区で構成する糸井地域自治協議会で、朝日区の空き家などを利用し、もの作りやカフェ、自然での暮らしを体験できるゲストハウスなど半農半Xの暮らしをしていく方を、地域おこし協力隊として募集します。

 募集内容・詳細についてはこちらをご覧ください

朝来市の地域おこし協力隊「あさこい人」の活躍の様子は こちら

朝来市の地域おこし協力隊「あさこい人」のFacebookは こちら

カムバックひょうご東京センター ひょうご移住プラザ 移住アドバイザー

近藤

プロフィール

神奈川県生まれ。小学校からの子供時代と阪神淡路大震災後の1年間を、宝塚市で過ごす。都内の大学に入学後、東京で社会福祉士として相談支援や介護業務に従事。一時期、茨城の農業関連会社で勤務していたこともあり。アウトドアでの活動や歴史・文化に触れることが大好きで、現在は登山やトレッキングにはまりすぎて困っている。

相談員から一言

兵庫県は日本海から瀬戸内海まで日本を縦断する唯一の県です。気候も雪国から温暖な瀬戸内気候までバラエティーに富んでいます。豊かな海、美しい里山、風情あふれる街、おしゃれな都会もみんなすぐそこ!自然も文化もうまいもんもいっぱいで「みんなが知ってる名物」だらけです。人生について少し考えてみたくなったら、兵庫県で新しいチャレンジをしてみませんか?新しいライフスタイルの可能性は無限大!兵庫県での暮らしや仕事をしっかりサポートします。