地域のトピックス

もっと知りたい徳島県!vol.2【鳴門市】

もっと知りたい徳島県!2回目は「鳴門市」です!

四国の玄関口「鳴門」

鳴門市は四国の東端、徳島県の東北端に位置し、鳴門海峡をへだてて淡路島に対峙した四国の東玄関口です。渦潮をはじめとした恵まれた自然や、その恵みを受けた鳴門わかめやなると金時などの数多くの地元特産物、歴史・文化が織りなす交流拠点都市です。豊かな自然景観と豊富な食材にあふれ、温暖で過ごしやすく、お遍路さんへのお接待の文化が息づく人情あふれる鳴門市で、心と体をリフレッシュしてみませんか。最近では「鳴門海峡の渦潮」の世界遺産登録に向け活気づいています!

鳴門市ホームページ

鳴門市へ移住・定住を希望される方へ

鳴門市移住パンフレット(pdf)

鳴門で暮らす魅力満載の鳴門市移住パンフレット「鳴門市で暮らしはじまる」。
移住者インタビューや、海、山、町エリアごとの暮らし情報を紹介しています。
見ているだけで、のどかな気持ちになれますよ。

 

支援情報

【移住定住】
住宅安心リフォーム支援事業(最大20万円)
木造住宅耐震改修支援事業
空き家リフォーム支援事業所有者タイプ(最大20万円)移住者タイプ(最大40万円)
お試し滞在補助(1人1泊あたり3000円)

【子育て・教育】
鳴門市子育て世代包括支援センター ~ネウボラ~
産後ケア事業(デイケア、ショートステイ)
中学校終了まで通院・入院費無料(3歳以上は一部600円以内の自己負担あり)
高校等の入学時奨学金10万円(参考)

【起業・その他】
創業促進事業(限度額50万円)(参考)
創業支援(ワンストップ窓口)
創業融資事業補助金(保証料0.00%)(参考)

※支援について変更の場合もございます。詳しくは担当課までお問合せ下さい。

移住者インタビュー

根岸和之さん

出身地:神奈川県
移住年:2014年
現住所:鳴門市
職業:自営業
取材年月:2015年10月

ラビットスクーター専門店という、全国でも珍しいお店を経営する根岸さん。移住のきっかけとなったのが、東日本大震災による安全面への不安でした。大毛島に中古物件を購入し、愛着あるお店として改装する姿からは「この場所で豊かに暮らし続けたい」という思いが伝わってきます。

ストレスのない、自分らしい生き方を。

閑俊雄さん

出身地:大阪府
移住年:2000年
現住所:鳴門市
職業:自営業
取材年月:2015年10月

鳴門国定公園に指定される、穏やかで優しい海の風景。その目前で雑貨店「ISLAND(アイランド)」を経営する閑さんは、15年ほど前に大阪から移住してきました。今では県内外から多くのお客様が訪れる観光地の一翼を担っています。

この場所が子どもの故郷で、本当に良かった。

おすすめ!鳴門市のPR動画

Beyond Naruto「其の壱 深篇」
鳴門市プロモーション動画のはずですが、鳴門市は登場しないというなんとも斬新な動画です。
とにかく渦潮いちおし!
其の壱、其の弐、其の参…と視聴すると渦潮の「深」「速」「幅」の豆知識も。
やっぱり鳴門といえば渦潮なんですね~!

鳴門に行こう

鳴門市観光公式サイト

観光スポットや体験、グルメなどの観光情報をはじめ、モデルコース、お土産や特産品もご紹介。鳴門市を旅したくなる情報が掲載されています。米津玄師さんが一昨年の紅白でlemonを歌った大塚国際美術館は来館者が大幅に伸び、話題のスポットとなっています。(現在は休館中です)

落ち着いたらぜひ訪ねてくださいね。

☆とくしま移住コンシェルジュはお電話、メール、スカイプでの相談を受け付けています。
ご利用お待ちしています。詳しくはこちらをご覧ください。

住んでみんで徳島で!移住相談センター とくしま移住コンシェルジュ

村社

プロフィール

島根県安来市出身。高校卒業後、島根県内で就職。旅行で訪れた徳島県三好市で駅のホームから見える山の高さに驚く。同じ田舎でもなだらかな山が続く地元と、険しい環境での暮らしの違いは何か興味を抱き始める。
地方暮らしのサポートを通じて徳島県の魅力を発信するため、2021年4月からとくしま移住コンシェルジュを務める。

相談員から一言

徳島県は都市部の東部、マリンスポーツが盛んな南部、秘境のある西部の3つに大きく分かれています。関西や四国三県へのアクセスも良く、山も海もある自然が豊かで温暖な地域です。
そうかと思えば通信環境は日本屈指、都市と地方を結ぶサテライトオフィスの開設数は国内トップクラスという、これまでのイメージを変えてしまう意外な一面もあります。
バラエティーに富んだ徳島県での暮らしについて、是非一度ご相談下さい。