地域のトピックス

鳥取県岩美町の地域おこし協力隊員2名がご卒業されました!

先月末、岩美町地域おこし協力隊第5期生2名が3年間の任期を終え、卒業されました。
今後も岩美町で活躍されます。

インタビューが紹介されていたので、ご紹介したいと思います★
大阪府からご家族で岩美町に転入され、レストランAL MARE(アルマーレ)にて活動
し、地域の魅力発信に取り組まれた、横山貴俊さんです。
私が、鳥取移住相談員として着任した2018年4月に、横山さんが働いておられるレス
トランAL MAREにご挨拶でお邪魔したのがはじめましてでした。

Q.協力隊に応募したきっかけは?
A.岩美の自然が好きで大阪からよく遊びにきていて、「いわみ暮らし体験会」をきっかけに岩美町に住みたいと決心し応募しました。

Q.どのような活動をしましたか?
A.レストランAL MARE(アルマーレ)を中心とした東地区の魅力発信。トワイライトエクスプレス瑞風のお客様への接客、SNS発信、レストランで使用する野菜を地域の方々と一緒に作ったりしました。また地域の素朴な魅力を「お散歩MAP」という形で表現しました。

Q.3年間活動してみての感想は?
A.振り返ると常に周りの方々に支えられた3年間でした。最初は3年間もあると考えていましたが、あっという間に終わってしまいました。自分が移住者だと忘れるくらい、充実した日々を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

Q.岩美町での生活で変わったことは?
A.自分が自然体でいられる場所です。
大阪時代は肩肘張って生活していたんだと感じます。家族の時間が増えたことが一番良かったです。

Q.今後の抱負は?
A.開業予定の宿を通して、のんびりとした岩美町の魅力を発信していきたいです。また地域の方々から教えて頂いたことを極めて、次は子ども達に伝えていきたいです。

引きつづきセミナーやイベント等で関わらせていただくことができると思うので、今後のますま
すのご活躍が個人的に楽しみです!^^

とっとり暮らしサポートセンター 鳥取県専属相談員

浜田

プロフィール

2018年4月より鳥取県の相談員として勤務しております。高校まで鳥取におりまして、大学で一時離れましたが、卒業後再び鳥取に戻りました。地元で働いていたこともありますし、関東方面で仕事をしていたこともあります。
この経験から、田舎のよさや、都会の便利さを比較しながら、鳥取移住を応援したいと思っています。

相談員から一言

鳥取県は、子育て世代の方や、退職後にゆっくり過ごされたい方、U-ターンの方等みんなに優しい県です。待機児童ゼロ、豊かな食、自然、女性のストレスフリーの県で上位。人口は日本で一番少ないですが、移住者の方のサポート体制は万全です!!ぜひ、一度と鳥取へいらして下さい。