地域のトピックス

【和歌山県】もうすぐホタルが舞う季節です。

ひとつ前の記事でも書いたとおり、和歌山県は「水の国」を売りにしているほど、美しい水資源に恵まれた地域です。
子どもの頃、「ホタルは水がきれいなところで育つ」と親に聞いた覚えがありますが、そこに暮らす人々の「里山を守る営み」がなければ、美しい自然環境、ホタルが育つ環境は作れません。

6年前に発生した紀伊半島大水害。甚大な被害が県内各地に発生しました。
県中部・日高川町寒川(そうがわ)地区では、大水の影響で川に生息するホタルの幼虫や、エサとなる巻貝「カワニナ」が流されてしまったそうです。
寒川地区と言えば、県内では有数のゲンジボタル生息地。毎年6月に開催される「ホタル祭」には2,000人を超える来場がありましたが、災害以降はホタル激減のため休止されていました。

「もう一度、寒川のホタルを復活させたい」

地元の人の想いを受け、2名の地域おこし協力隊が着任し、地域の有志で組織された「寒川ホタル保存会」のメンバーを中心とした地元住民とともに、「ホタル祭」復活に向け一からホタルの生態を学び、生育環境の整備・祭の企画に取り組んできました。

そして昨年、5年ぶりにホタル祭が「寒川ワンダフルナイト」として開催されたんです!
ホタルの数はまだ少ないため、ホタル復活の希望の光として4,000個の竹キャンドルが集落を灯しました。
また、町特産の鮎のつかみ取りや、集落を流れる川に生息するサワガニのレースなど、寒川地区の自然のなかで非日常体験ができるメニューもたくさん用意され、町内外からたくさんの人が集まったようです。

そして…今年も6/3(土)に「寒川ワンダフルナイト」が開催されるというお知らせがありました!!
昨年からさらにパワーアップした、楽しい仕掛けが準備されていると思います。

一度は消えかけたホタルの光を復活させようと、地域で頑張る人たちがいます。
ぜひ、イベントに足を運んでみてください!

*寒川ホタル祭実行委員会Facebookページでは、イベントに向けた活動報告等を情報発信しています。こちらも併せてご覧ください。
*寒川ワンダフルナイトチラシ

わかやま定住サポートセンター 移住アドバイザー

角田

プロフィール

福岡県北九州市出身。小学校入学のタイミングで和歌山県和歌山市に引っ越し、それ以降、和歌山県内で暮らす。2016年4月より和歌山県職員。「ふるさと回帰支援センター」内の「わかやま定住サポートセンター」に移住アドバイザーとして21年4月に着任。
好きな寿司ネタはマグロ。おにぎりの具はツナマヨが大好き。実はマグロが有名な県で、県の魚に選ばれるほどなんです!

相談員から一言

今、和歌山が熱いんです!2020年には当センターの移住希望地ランキングのセミナー部門で第1位になりました。21年度中に串本町で民間ロケットの発射も予定されており、今、全国的に注目されている熱い県、それが和歌山です。
本州最南端の潮岬がある和歌山は黒潮の影響を受け非常に温暖な気候です。気候が温暖ならば人もあたたかい。そんな和歌山で”和み”暮らしを満喫しませんか?ぜひわかやま定住サポートセンターまでお気軽にお越しください。